日本有数の“ものづくりの街”として知られる金沢市は、北陸新幹線が平成27年3月に開業したことを機に、来街者が大きく増え、改めて金沢の伝統工芸や文化、住みやすく情緒豊かな街並みなどの魅力が再認識されている。

金沢市は、これら魅力的な文化と快適な暮らしが両立する街を更に活性化させ、伝統文化の継承や新しいものづくりへの発展のために、金沢市内外からの起業意欲のある若者に金沢で起業する魅力を知ってもらい、ひいては起業家の定住・移住に繋げていく活動として「はたらこう課」プロジェクトを発足した。

「はたらこう課」プロジェクトでは、動画やWEBサイト、フリーペーパーを通して、金沢市で起業した人や働く人を紹介し、金沢市で起業することの魅力を伝えていく他、起業家と直接交流できるイベントを行っていく。起業を志している方が気軽に情報収集できるよう取り組み、起業への間口を広げていきたいとしている。

起業支援PR動画「金沢で、仕事する。」
金沢で起業し働く人を通して、金沢で起業する魅力を伝えている。

WEBサイト
金沢市で起業した方の仕事内容や金沢市で起業する魅力を紹介していく。
はたらこう課 金沢市起業支援相談窓口

フリーペーパー
金沢市で働く魅力ある人たちを紹介する。
大学など教育機関、起業支援団体、銀行、ショップ、セミナー(金沢市内、東京都)などで配布予定。
フリーペーパー


交流イベント
金沢市内の起業家と起業を志す方との交流会を随時実施する。トークセッションや参加者同士で起業する際の課題や疑問点などを話し合い、解決方法を起業家などから直接話を聞くことができるグループトークなどを行っていくという。第1弾は4月25日に行われており、第2弾の開催は、2016年秋頃を予定している。

金沢市では、平成25年4月より起業支援相談窓口を開設し、市役所内の関連部局、市内の起業支援機関と連携を図りながら起業支援を行っている。相談窓口を利用した後起業した、金沢市唯一の地ビール工場を経営する女性醸造家の鈴森由佳さんは、「初めの頃は何をしたら良いのかと手探り状態にありましたが、とても親身になって相談に乗っていただけ、私が活用できる支援事業やセミナーがあることなどを教えてくださいました。その結果、起業に必要なことが明確になり、無事会社を設立することができました。相談できて本当に良かったです。」と話しており、相談窓口の対応の良さが伺える。こうした対応の良さが評判を呼んでか相談窓口への相談件数は年々増えており、金沢市で起業を目指す人が増加傾向にあるそうだ。

今回の取り組みによって、県内外から起業を志す人が更に集まり、街が活性化していく金沢市に今後も注目だ。

<<「はたらこう課」起業支援相談窓口>> 
窓口開設場所  金沢市役所2階 商業振興課内
窓口開設時間  平日9時から17時45分
お問い合わせ  筍横横亜檻横隠坑魁FAX260−7191
e-mail  syougyou@city.kanazawa.lg.jp