picture00

子供が出来て、急に手芸に追われるようになった不器っちょママさん、いませんか? 特に幼稚園に入園するときなど、“手作り”が求められますよね。いまや“手作り”も購入できますが、自分の出来る範囲でなら、可愛いわが子のために手作りに挑戦したいママもいるハズ。
そこで今回は、発売50周年を迎えてさらに使いやすくなった両面テープ『ナイスタック』を使ったDYIを3つご紹介します。

■万能両面テープはコレ!『ナスタック 両面テープ 15mm x 15m NW-NU15』

 
picture01

両面テープを手芸に使うなら、粘着力03(強力)で15mm x 15mの製品がぴったり。両面テープを手芸に使うメリットは、なんてといっても失敗が怖くないところ! 針と糸で間違ったところを縫ってしまうと解くのに手間がかかりますが、両面テープならはがすだけ! 
さらに、“縫う”よりも“貼る”だけなので、作品の完成がかなり時短できるのが嬉しいポイントです。
さあ、お次は子供が喜ぶDYIを3つ作ってみました!

1.オリジナルのアクセで娘も大喜び!「布スリーピン」

 
picture02

【両面テープ以外の材料】
・スリーピン
・布
・フェルト
 
【作り方】
布をスリーピンの形に合わせて、5mmほど大きくなるように切り出す。
フェルトはスリーピンと同じ大きさに2枚切り出す。
 
picture03
スリーピンの形をした布の裏側の中心に、フェルトを1枚両面テープで貼り付け、その上に両面テープを全面的に貼る(布よりはみ出た部分はハサミでカット)。
 
picture04
で作った物を、スリーピンの表側へ貼り付け、はみ出た布をピンの裏側へ折り貼り付ける。
 
picture05
もう1つのフェルトに両面テープを貼り付け、裏側の留め具を差し込む為の切り込みを入れる。(縦半分に折ると切り込みを入れやすい)
剥離紙をはがし、留め具を切り込みに差し込みながら入れ、貼り付けて完成。

2.今流行のヘアアクセも楽々!「リボンヘアゴム」

 
picture06

【両面テープ以外の材料】
・布(20×12cmと9×2cm)
・糸
・輪になっているヘアゴム
・グルーガン
 
【作り方】
布の大きい方(20×12)を裏側を上に横長にして置き、両面テープを20cmの長さに切り、20cmの辺と平行に中心へ貼る。
 
picture07
上と下の辺を中心へ向かって折り、両面テープと貼り合わす。
今度は布の中心に縦に両面テープを貼り、△汎韻犬左右を真ん中へ折り貼り合わす。
布を裏返し、山が3つ出来るように蛇腹に折りたたみ、糸で縛って止める。これでリボンの形が完成。
 
picture08
次に小さい方の布(9×2)も、長い辺を,汎韻古修衒をして、短い辺の片方だけ1cmほど折り両面テープで貼る。
リボンの中心にイ悩遒辰榛戮ど曚妊乾爐魘瓦漾⇔側を短く折った部分が上になるようにグルーガンで固めて出来上がり。

3.コップ入れや体操着入れもへっちゃら!「巾着袋」

picture09


【両面テープ以外の材料】
・布(66×29cm)
・紐(65cm)
 
【作り方】
布を裏返して置き、まずは巾着の口になる部分に両面テープを貼り、両面テープを半分に折り曲げて貼り付ける。そこから4cm下に1cm程の切り込みを両側に入れ、折って留める。反対側の口も同じように。
 
picture10

次に,汎韻個垢気領礁魅董璽廚鮟槌省に切り、幅を半分にする。それを初めと同じ、口となる部分に貼り2cm折り曲げて空洞が出来るように貼り付ける。ここが紐通しの部分になる。
 
picture11

最後にサイドの部分を両面テープてわ貼り合わし裏返して、紐を通して結んだら完成。
 
picture12

両面テープで簡単にできる子供のためのDYI3つ、いかがでしたか? ぜひ参考にして下さいね。