6月と言えば、ジューンブライダル!結婚の季節!
ということで、今回は結婚にちなんだ日本酒や、家族や親戚などにウェディングのご報告などをする際の自宅用の心ウキウキ♪Happyオーラ満載の日本酒をご紹介いたします。

まずはジメジメした梅雨の時期にシュワシュワ〜!が最高に気持ちいい“発泡にごり生原酒”から1本!

画像提供/佐野屋

ジャケ買いしそうな可愛らしいボトルの「花垣ShuShuShu 微発泡純米にごり生原酒」。
福井県の南部酒造場「花垣ShuShuShu 微発泡純米にごり生原酒」(720ml 税込1,620円)は、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017」のスパークリングSAKE部門において、昨年の金賞に続いて今年は最高金賞を受賞しています!

まずはフルーティーな香りとともに“シュワシュワ〜”と弾ける微発泡で喉を潤しましょう。
生酒なので酵母が生きており、瓶内二次発酵により発生した炭酸ガスのきめ細かな泡が楽しめます。
飲み進めていくと、にごりならではの旨味が押し寄せてきます。甘酸っぱくて飲みやすく、万人受けするタイプで、爽やかなボトルの可愛らしさは、新婦さんやそのご友人などに特に喜ばれそう。
開栓時、吹き出す場合があるので、気をつけて〜。

次は、ちょっと珍しい梅酒を。日本酒で作った梅酒をご存知ですか?


あの南部美人が日本酒で作った「糖類無添加 梅酒」。ロゼワインのような美しさにうっとり。

世界各国でも堪能されている岩手県の南部美人の日本酒。
でもこの商品は日本酒ではなく、今の季節にぴったりの「糖類無添加 梅酒」(720ml税込1,748円)
焼酎に梅と氷砂糖を漬け込む一般的な製造方法とは違い、糖類(甘味料)を一切使わずに純米酒と梅だけで仕込んだという珍しい梅酒!お味はいかに〜?
 
きき酒師仲間と一緒に、南部美人の五代目・久慈浩介氏と記念撮影♪

淡いピンク色が美しすぎる南部美人の梅酒は、プルーンや桜餅のようなジューシーな香りが漂います。
口に含むと舌触りがなめらか。糖類無添加なのに不思議〜!甘いです!
でも甘すぎず、上品で大人な味わい。これが麹本来の甘みというものなのでしょうね〜。

南部美人の特殊技術「全麹仕込み」を駆使することで、甘みだけでなく、純米酒本来の旨味も表現しています。
すっきりと軽快で、冷やしてワイングラスで味わっても美味しいですが、南部美人の五代目・久慈浩介氏によると「お燗でも美味しい」とのこと。
炙り寿司や肉料理などにも合うんだそうです♪

最後は、一般社団法人「日本のSAKEとWINEを愛する女性の会」、通称「SAKE女の会」がおすすめする結婚にちなんだ日本酒。
「結婚と言えば、やはり金婚ではないでしょうか。銀婚もありますし…」と紹介してくれたのは、東京の豊島屋本店の金婚シリーズ。

画像提供/豊島屋本店

「金婚」ばかりでなく「銀婚」まであります!
乾杯用のギフトとしてオススメなのは「大吟醸 金婚」(720ml 税込5400円)
自宅用にはいろいろなお料理に合う「金婚」シリーズの本醸造や純米酒もおすすめです。
また、青いボトルが凛としたたたずまいの「純米大吟醸 銀婚」(720ml 税込2916円)もありますので、人生の節目の度にいただくのも楽しいですね〜。

また「SAKE女の会」が注目のお酒として推薦するのが、豊島屋本店で先日発売されたばかりの「江戸酒王子」(720ml 税込2052円)


「江戸酵母」を使った新発売の「江戸酒王子」は要チェック!
原料米すべて八王子産で、「江戸酵母」という大変貴重な酵母で仕込んだ、江戸・東京にこだわって醸した日本酒。
「ワイン的な酸味と甘みを持ち、新しいタイプの日本酒です。魚介のパスタや白身魚のカルパッチョなどにぜひ合わせてみて!」と推薦してくれました。
これも気になります!

一生に一度きりの結婚を、より思い出深いものにしてくれる結婚にちなんだ日本酒たち。ぜひお試しくださいませ〜。


≪筆者プロフィール≫
▪タッキー(たきぐちともこ)
滝口
国際きき酒師(英語)&きき酒師。
飲食ライター歴20年の食いしん坊バンザイ!の記者&PRプランナー。
日本酒やワインなどをこよなく愛す。
テレビ番組などにも出演中。

▪「日本のSAKEとWINEを愛する女性の会」
おもてなしの心よ、たくさん花咲け、花SAKE。
それが、SAKE女(SAKE JO)の心。
日本のSAKEとWINEを楽しみ、旅し、
学びながら、「おもてなし」の心を活かしていく団体。

6

<「SAKE女の会」新着ニュース>
「2時間で取れる!日本酒ナビゲーター取得講座」
日時:7月26日(水)19時〜
テイスティングとともに日本酒の基礎を学びます。
また、試験なしで資格もご取得いただけます。
参加費は、SAKE女会員10000円、非会員12000円。
どなたでもご参加可能。詳しくは、SAKE女事務局まで。
info@omotenshI-sakejo.com
担当:谷まで。

「SAKE女の会」の新着ニュースはこちらでもチェックできます!