甲賀

銀座の高級クラブ「ル・ジャルダン」の元NO.1ホステスで、現在、株式会社TrueHeartの代表取締役として活躍する甲賀香織さんが、恋愛に関するいろいろな質問に答える「元NO.1ホステス香織社長の恋愛CLUB」。


≪今回のお悩み≫
初めまして、こんにちは。
私は、28歳のOLです。
私には、芸能活動をしている30歳の彼氏がいます。
その彼とは付き合って5年になり、年齢的にも結婚も考えています。

しかし、私の両親が彼との結婚を反対しています。
父は公務員ということもあり、彼のように不安定な職業に就いている人を認めようとしません。
たしかに、彼はまだ売れていないため、フリーターくらいの収入しかありません。
でも、私は絶対に売れると信じています!

結婚する時は、家族や友人みんなに祝福されて結婚したいと思っているのですが
このまま・・・、両親に反対されたまま、結婚しても良いのでしょうか?
(28歳/女性/会社員)


≪香織社長の答え≫
結婚って何でしょうね。
同じ「結婚をする」という行為でも、人によって理由や目的が全然違うと思うんです。
しかも、それが配偶者同士でも一致していない場合も多々あるようです。

今回のように、結婚に纏わるお悩みは、よく有りがちながらとても難しい問題ですので、大事な部分の考え方を検証していきたいと思います。

ご一緒に考えてみてください。

さて、あなたにとっての結婚は何でしょうか?
ご相談内容を拝見して、最初に引っ掛かりを感じたのは「年齢的に結婚を考えている」という部分です。

まず、結婚を考えているのはあなたは無論として、彼氏さんも同意なのでしょうか。この年齢的という部分は誰の意なのでしょうか。
つまり、なぜ結婚をしようと思っているのか?という部分を掘り下げた方が良いと思うのです。

結婚は必ず二人でするものです。「そんなの当たり前!」と言われそうですが、分かっていながら、行動のベクトルが明後日の方向を向いてるカップルも多く見受けられます。

また、そこで発生する諸問題は解決出来たとしても、どれも並び立たず、いずれかを犠牲・我慢・妥協していく必要があるといった事も多々あります。
そして、残念ながらそれが「現実」です。

それでは今の状況を整理していきましょう。
悩んだ時にはなるべくシンプルに考える。これもまた鉄則です。

したい事。

〃觝У擇啖觝Ю験
家族の祝福
MЭ佑僚吠
と爐侶歿蹴萋

ご相談の内容から見て取れるのはこのくらいかと。そして、これに優先順位をつける訳ですが、見た限り、丁度上から順に優先順位が高いと思われます。最後のとい僚膂未入れ替わるかどうか?と言ったところではないでしょうか。

優先順位が決まったところで、早速まとめましょう。
まず「結婚」!
・・・しないとダメでしょうか?(笑)

前述の通り、二人の意思により決定するこの「結婚」、親をはじめとする誰かの為に出来るような生易しいものではありません。ここで問うているは、全世界を敵に回しても、絶対にしたい!と思っているのかということです。

お分かりになりましたか?優先順位を決めたのは、,鮨觜圓垢覦戮砲修谿焚爾鯀瓦銅困辰討發靴燭い箸いΑ△二人の気持ち、意思の強さを確認する為なのです。

「年齢がそろそろ」、とか「親を安心させたい」という程度なら、絶対にやめてください。
限られた人生の時間を、お互い無駄に浪費するだけです。
でも、こう言ってしまうだけだと納得も出来ないと思うので、それだけの覚悟を持たずに結婚してしまった場合のことも推測してみたいと思います。

あなたは彼が大好きで絶対成功すると信じて、何を失おうと、経済的なことも自分で支えたいと思うのなら、それはお二人の自由、それで良いと思います。

ただ、残念ながらその時点で彼の優先順位はあなたの物とは違い、恐らく芸能活動が,傍鐶海韻襪隼廚錣譴泙后お分かりいただけますよね?
お二人の結婚生活は、あなたの「犠牲」により成り立つ訳です。念を押すために言い換えるならば、結婚生活の維持は、あなたの「犠牲」が必須条件だということです。

その順位が維持されている間はお二人の結婚生活も問題ないのかも知れませんが、そうでなくなった時、初めて二人の結婚生活における覚悟の量を問われるという事になります。
そして、人生には必ずそういった壁が立ちはだかるものなのです。しかも、何度も何度も・・・。

例えばもし、あなたが家計を支えていく生活をチョイスした中で妊娠したらどうでしょう。あなたは思うように働けなくなります。収入が減りますよね。
いずれ子供が生まれてしまえば、今度は収入が減った上に支出が増える訳です。

子供が生まれるまではひもじい思いを「我慢」したとしても、生まれてきた子供にまでそんな思いをさせる訳にはいきません。ここで確実に優先順位が変わります。
彼の成功のためよりも、子供たちを健康に育てていくことに責任が生じるわけです。

彼も「妥協」して、働けないあなたに代わり、芸能活動を一時休業して助けてくれようとしても、時既に遅し。
今までロクな職にもついたことのない男性が、急に良い収入の仕事に就ける確率は極めてゼロに近いのが、一般的な見解です。
つまり、あなたの家計は破たんします。

ここまでの推測は勝手な想像ですが、私が想像する程度なので、子の身を案じている親御さんなら、当然考えるレベルの話です。
娘に苦労させたくない、もし孫が生まれたら尚更だと思います。結局、ご両親を頼らざるを得ない状況になったりしたら、あなたを受け入れてくれるとは思いますが、「だから言ったじゃないか!」となりませんか?

あなたを生んで育てたご経験のあるご両親は、そのようなことを始め、これから先、未来に待ち受ける困難が想像できるので、心配して反対していらっしゃるのだと思います。

ここで、もう一度あなたに問いますね。「年齢的に結婚を考える」と言うのは誰の意でしょう?

子供を作らず彼の芸能活動を応援するというならば年齢的な制限はありませんよね。
制限がないならば、いっそ彼が売れるまで待ってみては?と思います。
ですので、結婚しないとダメでしょうか?と(笑)

ということを理解した上で、それでも覚悟が揺らがないのなら、ご両親にプレゼンしてみると良いかもしれません。

本来であれば、彼が結婚したいから芸能活動を辞めて真っ当な職に就いたので、結婚を許してくださいとお願いするところを、生活が安定しない原因である芸能活動を続けたまま結婚しようと言う訳ですから、彼が如何に良い人か。
まだ芽は出ていないけれど、努力をしていて将来性があるか。
自分は彼を支えたいと思っていて、心配している収入面はどうするか。
具体的な金額を元に、何にいくら使い、という表の提示。
出産の計画や、そのための金銭計画。

これは、ご両親からの賛同を得る目的のプレゼンではありますが、実際自分がこの計画に沿っていくべき指標でもあります。
家族内でも、営業活動です。
相手を納得させる術を身に着けていなければ、何歳になっても幼稚なままです。

仕事が営業職でなくても、営業力・プレゼン力は、とても重要なのです。彼と結婚という同じ目標に向かって歩みだしたのだとしたら、二人で長い時間をかけて話し合い、どうしていくかの作戦会議をすると良いでしょう。

30代の私も、まだまだ人生の全容を掴み切れていないわけですが、きっと人生最大のクライマックスは、自分か、または自分の旦那様が死ぬ直前にやってくるのだと想像しています。
「あぁ、私はこの人と共に、私に関わる方々と共に幸せな人生を歩んで来たな。」
愛に満たされた最期の瞬きの瞬間に。


≪甲賀香織プロフィール≫
甲賀2
1980年生まれ。
株式会社TrueHeartの代表取締役。
青山学院大学卒業。コンサルティング会社を経て、銀座でナンバー1ホステスとなる。
現在は、水商売のためのメールアプリ『LEGEND』の企画・販売、「お水大学」の運営、銀座や六本木の店舗への人材紹介などを行う。


株式会社True Heartホームページ:http://true-heart.co.jp/index.html
オミズコンシェル:http://omizu-concierge.com/
お水大学:http://omizudaigaku.jp/


※恋愛に関する質問大募集!
ニッチー!編集部では、香織社長に相談したい恋のお悩みを大募集しております。
悩みを相談したい方は、氏名・年齢・職業を記載し、下記までご連絡ください。
nicheee@fulltime.co.jp