日本酒

毎日、暑い日が続きますね。最近、エスニック料理やカレーなどを頻繁に食べている人が多いのではないでしょうか?
ピリ辛味のエスニック料理を、暑い日に汗をたくさんかきながら味わうのは最高ですよね!食べ終わった後の恍惚感がたまりません!

実はエスニック料理やカレーに合う日本酒があるって、ご存知でしたか?
今回は香辛料の効いた料理にも合う、新しい日本酒の美味しさを紹介します!

まずは先日、ある日本酒のイベントで、「タイ料理と日本酒のペアリング・イベントを開催したことがあるんですよ!」 と、私にオススメしてくれた「一ノ蔵」(宮城県)さんから。
一ノ蔵と言えば、日本酒スパークリング「すず音」シリーズが女性にとても人気ですが、「ひめぜん」シリーズも女性などに大人気。

中でも唐辛子やパクチーなどを多用するタイ料理などにも合うのが、「ひめぜん」(720ml 税別952円)
さわやかな酸味と柔らかな甘みが非常にバランス良く、白ワインのようなフルーティーさ、ジューシー感もある日本酒です。
写真(下)のように、グラスワインとチーズで、オシャレな洋風スタイルでも楽しめるお酒。

日本酒
軽やかな味わいの「ひめぜん」
画像提供:一ノ蔵

エスニック料理には東南アジアの本場スタイルで、氷入りビールを合わせるという人も多いかもしれませんが、「ひめぜん」もアルコール度数8%と日本酒にしては低アルコールなので、ちびちびと味わう日本酒とは全く違う感覚で、まるでビールのような軽い感覚で楽しめます。

しかも、すだちやカボスを思わせるフルーツ香があるので(でも大吟醸とかではありません)、レモンやライムなどの柑橘類を多く使うエスニック料理とも好相性。
甘口のお酒なので、口の中のヒリヒリした辛味も和らげてくれ、カレーなどともとても合います! 

一ノ蔵は今、注目の蔵元でもあります。今年7月にロンドンで開催された2017年インターナショナル・ワイン・チャレンジ (IWC)アワードにて、「一ノ蔵 無鑑査本醸造甘口」がグレートバリューサケの頂点となる「グレートバリューアワード」を受賞。
さらにIWC2017で優秀な成績を収めた酒蔵へ贈られる「Sake Brewer of the Year 2017」においても、一ノ蔵が受賞しました。
ぜひ、この機会に話題の一ノ蔵のお酒を試してみては?

日本酒
IWCアワードでの一ノ蔵の受賞の瞬間。
画像提供:一ノ蔵

さて、次は 一般社団法人「日本のSAKEとWINEを愛する女性の会」、通称、「SAKE女の会」がおすすめする1本。
岐阜県・飛騨高山の「舩坂酒造店」の「どろどろ濁原酒」(720ml 税込1,330円)という個性的なお酒をセレクトしてくれました。アルコール度数は18%。

「にごり酒」というと、とろみがある甘口のものが多いですが、このお酒は甘さ控えめで、”とろり”を通り越して、”どろ〜っ”とした感じ。
ロックにしても十分に楽しめる濃厚なお酒で、最初の一口目の濃さがとてもクセになります。

日本酒
エスニックカレーや生春巻きなどにも合う「どろどろ濁原酒」

「SAKE女の会」では、「例えば韓国料理ではキムチなどの辛いものにはマッコリを合わせます。インド料理にはラッシーが定番。スパイシーな料理やカレーには、とろりとした甘めのドリンクを組みわせることが多く、日本酒の場合でも比較的合いやすいと言えます。『どろどろ濁原酒』のような、どろ〜っとした舌触りだと、辛味を包んでくれるやさしさがあります」とペアリング理由を解説する。

確かに、辛い料理を食べると、冷たい水よりもラッシーなどの甘めのとろりとしたドリンクの方が美味しく感じる場合が多いですね。
スパイシーな料理が得意な方(水分をあまり必要としない方)&お酒の強い方には「どろどろ濁原酒」がオススメ。
逆に、スパイシーな料理がちょっと苦手な方(水分を多く必要とされる方)&お酒の弱い方には「ひめぜん」がオススメなのかも。

私はどちらも美味しくいただけました!夏だからスッキリ辛口淡麗の日本酒とは限りません。
いろいろな日本酒の楽しみ方と出会ってみてくださいね!

では、また次回をお楽しみにー!


≪筆者プロフィール≫
▪タッキー(たきぐちともこ)
滝口
国際きき酒師(英語)&きき酒師。
飲食ライター歴20年の食いしん坊バンザイ!の記者&PRプランナー。
日本酒やワインなどをこよなく愛す。
テレビ番組などにも出演中。

▪「日本のSAKEとWINEを愛する女性の会」
おもてなしの心よ、たくさん花咲け、花SAKE。
それが、SAKE女(SAKE JO)の心。
日本のSAKEとWINEを楽しみ、旅し、
学びながら、「おもてなし」の心を活かしていく団体。
ホームページ(登録無料):http://www.omotenashi-sakejo.com/

6

<「SAKE女の会」新着ニュース>
【「SAKE女の会」設立1周年記念 記者会見を開催!】
おもてなしに役立つ!英語で日本酒をテイスティング表現!外国人ゲストも参加!!
■日時:9月7日(木)17時30分(17時〜受付)〜19時30分終了
■会場:日本外国特派員協会(FCCJ)外国通信記者クラブ
    東京都千代田区有楽町1-7-1有楽町電気ビル北館20階
■アクセス:東京メトロ 日比谷線・千代田線・三田線 日比谷駅A3出口より地下直結
東京メトロ 有楽町線 有楽町駅D2出口より徒歩2分、JR有楽町駅日比谷口 筋向い
■内容:
第1部「SAKE女の会」設立1周年 記念記者会見
「料飲おもてなし〜SAKE女検定〜」の発表
英語で日本酒をテイスティング表現!外国人ゲストによるミニトークショー
SAKE女代表理事・友田セレクトのお酒とおつまみのペアリング体験
「第11回フェミナリーズ世界ワインコンクール」で入賞した日本ワインの表彰
「SAKE女の会」今後の活動の告知
第1部は見学可能。
第2部「SAKEの会」協賛企業様、第11回フェミナリーズ世界ワインコンクール入賞ワイナリー様による試飲会
懇親会、ゲストトークショーなど

大人気の「獺祭」も試飲できるかも!?
■試飲会参加企業(試飲ブース出展&お土産協賛)
酒造企業:旭酒造株式会社(山口)、株式会社エーデルワイン(岩手)、株式会社エコファームみかた(福井)、株式会社海琳堂(東京)、香住鶴株式会社(兵庫)、賀茂鶴酒造株式会社(広島)、清水清三郎商店株式会社(三重)、庄内たがわ農業協同組合 月山ワイン山ぶどう研究所(山形)、株式会社せんきん(栃木)、千代むすび酒造株式会社(鳥取)、司牡丹酒造株式会社(高知)、株式会社豊島屋本店(東京)、八海醸造株式会社(新潟)、大和葡萄酒株式会社(山梨)、有限会社渡辺酒造店(岐阜)
その他の企業:株式会社サンギ、カリフォルニア・レーズン協会
■試飲酒協賛企業:新政酒造株式会社(秋田)、天山酒造株式会社(佐賀)
■お土産協賛企業:小西酒造株式会社(兵庫)、末廣酒造株式会社(福島)、有限会社舩坂酒造店(岐阜)

前売りチケット(非会員4,000円)を申し込む
詳しくは「SAKE女の会」FaceBookでチェック!