行楽シーズン到来。次の女子旅はどこへ行こう?と悩んでいるあなたに朗報。
今、“愛媛県松山市”が女子旅の聖地として人気だという。

松山市内にある道後温泉は、楽天トラベルが毎年発表している「ココロ潤う。おんな一人旅に人気の温泉地ランキング」において、3年連続で1位!
また、環境省・観光庁後援の「温泉総選挙2016」でも女子旅部門第1位を獲得するなど、女子から熱い視線を集めている。

人気の秘密は、温泉がある、温暖な気候、アートや伝統文化に触れることができる、車がなくても移動が便利など。ちなみに、松山空港から電車やバスで約20分で松山の中心街に着ける。路面電車は市内を巡るにはとても便利。
さらに、9月26日には新温泉施設『道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)』がオープンするなど、ますます女子に注目されている。

そんな女子旅の聖地“愛媛県松山市”の秋のおすすめスポットやグルメをご紹介!

■『道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)』オープン!

“鳥乃湯泉 外観

3000年の歴史を誇る日本最古と言われる道後温泉に、『道後温泉別館 飛鳥乃湯泉』が誕生。

▲┘鵐肇薀鵐

今治タオルの壁面装飾

い世鵑犬蠶刻の壁面装飾

エントランスや休憩室をはじめとする館内は、「太古の道後」をテーマに、道後温泉にまつわる伝説や物語などを「愛媛の伝統工芸」と「最先端のアート」をコラボレーションした作品で演出。愛媛県の伝統が随所に見られ、館内を歩いているだけで歴史を感じる空間となっている。

ィ誼謀_

ζ段麺畆

泉質はアルカリ性単純泉、きめ細やかな日本人の肌にピッタリのなめらかなお湯で、湯治や美容効果も。全国でも珍しい加温も加水もしていない源泉かけ流しの「美人の湯」を満喫しよう。ちなみに、皇室専用の浴室「又新殿(ゆうしんでん)」を再現した特別浴室では「道後湯帳」という入浴着を着用することで、肌を出さずに入浴もできるとのこと。


■熱いのは温泉だけじゃない!アートの祭典『道後オンセナート2018』

Дマ

坊っちゃんたち

道後温泉を舞台にしたアートフェスティバル『道後オンセナート2018』が開催中。
「アートにのぼせろ~温泉アートエンターテイメント~」をコンセプトに、2018年4月14日のグランドオープン、2019年2月28日のフィナーレまでの18ヶ月間、ホテルや街中に設置される作品と多様なイベントを組み合わせて展開している。
温泉に癒やされたあとは、道後エリアを散策して様々なアート作品に触れ、感性の刺激を楽しもう。

道後温泉本館インスタレーション

また、蜷川実花さんが手掛けた「道後温泉本館インスタレーション」は、鮮やかな色合いでインスタ映え間違いなし。


■女子旅に欠かせない!恋愛パワースポット

円満寺

市内には、女性に嬉しい恋愛のパワースポットが点在する。『円満寺』は、道後温泉から徒歩約5分のところにある恋愛のパワースポット。願掛けに使う「お結び玉」が境内に並ぶ様子は、カラフルで可愛いと大人気!「お結び玉」に気になる人との恋愛成就を願ってみては!

釣島灯台

また、今年、松山沖に浮かぶ『釣島灯台』が、一般社団法人日本ロマンチスト協会と日本財団により「恋する灯台」に認定された。「恋する灯台」は、日本全国の灯台から、ロマンスの聖地にふさわしい灯台に与えられ、『釣島灯台』は、美しい海原のパノラマと明治初期の様式建築が今も残されたロマンあふれるスポットとして注目を集めている。インスタ映えするスポットなので、自撮りにも最適!


■食欲の秋!郷土料理『鯛めし』を食べ比べがおススメ!

鯛めし

全国有数の鯛の産地である愛媛県の郷土料理『鯛めし』。県の中ほどに位置する中予地方の『北条鯛めし』と、南側である南予地方の『宇和島鯛めし』、実は二種類の『鯛めし』が!
『北条鯛めし』は、一匹丸ごと焼いた新鮮な鯛を、ふっくらご飯と一緒に豪快に炊き込むのに対し、南予地方では、鯛のお刺身をのせ、特製のタレと生卵、ゴマやきざみねぎなどの薬味を混ぜたものを温かいご飯にかける。

市内の中心部や道後温泉商店街などには、それぞれの鯛めしを提供する店舗がいくつもあるので、食べ比べも楽しそう。

ほかにも、松山には、広島風お好み焼きの元祖とも言われている「三津浜焼き」、特産品の「じゃこ天」を挟んだ「じゃこ天バーガー」、など、松山名物をいたるところで堪能できる。
さらに、松山空港では都市伝説といわれている、蛇口からみかんジュースが出る「みかん蛇口」が常設されている!
ぜひ、この秋の女子旅は魅力満載の松山に足を運んでみましょう♪