シンガポールの街歩きにもし疲れたら、中心部から近くて気軽に行けるスポット「サザンリッジ」がおすすめ・・・と聞いて行ってきました。

DSC_0825

シンガポールで2番目に高いマウントフェーバーの頂上から下っていくのが良いだろうと、まずは歩き始めました。しばらくして見つけたのが、シンガポール政府公認の5頭いるうち1頭のマーライオンの像。そしてどんどん、うっそうとした森の中で登山道を下りていきます。案内表示が随時あるので迷うことはありません。

DSC_0817

そして急に視界がパッと開けた場所に出ました。「ヘンダーソンウェイブ」です。船の甲板のようで、デザインもとても斬新。ここからの景色もなかなかのものでした。

さらに先に進んでいきます。ひたすら熱帯雨林の中です。野生の猿が出るようで、サル注意の看板もチラホラと見かけましたが、実際には遭遇せず。そして、木の上部近くに高架の歩道があるフォレストウォークに出てきました。まさに、熱帯雨林の中を歩いて行く感じで、迫力満点。よく見るとドリアンの木もありました。野鳥の紹介パネルもあって、野鳥撮影をする現地の人々も見かけました。

DSC_0833

ラストは、アレクサンドラ・アーチという橋。70度に傾いていて、デザインが変わっています。夜はきれいにライトアップされるようです。

DSC_0814

サザンリッジは全長約9km。脚力に自信があれば登山、なければ下りのみでも十分、熱帯の森の中でのウォーキングが楽しめるスポットだと実感しました。

シンガポールへの旅 - 観光&旅行ガイド - Visit Singapore