香港国際空港から市内中心部への公共交通機関の1つ、「エアポート・エクスプレス」(機場快線)。空港から終点の中環(セントラル)まで25分あまりと、世界の他の空港と比べても類を見ないアクセスの良さです。早朝6時前から深夜0時すぎまで、10分おきに運行されています。

IMG_3730

ただ、空港バスや地下鉄(MRT)を乗り継ぐより割高なのがネック。この運賃を少しでも安くする方法がいくつかあります。

エアポート・エクスプレスの片道運賃は、青衣駅まで70香港ドル、九龍駅まで105香港ドル、香港駅まで115香港ドルです。

まず、「八達通」(オクトパス)というICカードで利用すると、65香港ドル/100香港ドル/110香港ドルです。往復だと窓口販売のチケットのみで、120香港ドル/185香港ドル/205香港ドルとさらに安くなります。

また、2人のグループだと2人で100香港ドル/150香港ドル/170香港ドル、3人や4人のグループだと更に割引率が上がります。同時購入がおすすめ。

同日に同区間の往復だと「片道料金と同じ」です。オクトパスなら、47元/72元/80元。香港での乗り継ぎ時間が長い人などは、ずっと空港にいるよりエアポート・エクスプレスを使って市内に出て観光するのも手です。

その他、市内の地下鉄乗り放題と一緒になったチケット、航空会社によっては機内で割引切符を販売していることもあります。通常運賃でそのまま乗る前に、香港に向かう機内からぜひチェックしてみてください。

港鐵> 機場快綫 – MTR
http://www.mtr.com.hk/ch/customer/tickets/more_airport_express.html


(Written by AS)