IMG_3579

ニュージーランド、とにかく「物価」が高い。「安全な国ほど物価が高い」のは当たり前であっても、ちょっと外食するだけで日本円に換算すると1,500円超、地元のカフェに立ち寄って休憩だけで1,000円程度など、とにかくなにもかも高い。日本は探せばダイソーやユニクロ、スーパーのプライベートブランドなどで安く手に入ることもあるのでその点、日本は本当に便利だとつくづく思います。

では、ニュージーランドで、いったいどこで買い物をすればよいのでしょうか。

とにかく安く、となると、まずは「スーパーマーケット」。例えば、ニュージーランド全土に店舗がある「Countdown」だと、商品の種類も豊富です。スーパーマーケットはバラマキ土産を買うにも最適で、オークランド市内の店舗では外国人観光客もたくさん見かけました。ただそれでも、あれこれ買うとそれなりの値段になります。深夜まで営業しているのがありがたいところ。

実は、スーパーよりもっと安いのが「ホームセンター」です。どれだけ安いのか、例を挙げると、空港で水のペットボトル(500ml)が3NZドルするのに、ここだと0.60NZドルとなんと5分の1。銘柄は違ってもかなり安いので、思わず何度もまとめ買いしました。ホームセンターには生鮮食品などはないものの、ドリンクやお菓子、紅茶などは置いてあり、とてもありがたい存在でした。

DSC_0645

一方、コンビニエンスストアも少なからずあります。「FIX」というチェーン店がおなじみで、しかも24時間営業。ただ当然ながら、価格は総じて高めです。ちょっとした買い物をしたりICカードをチャージしたりするのに便利です。