キャプチャ

桜の季節はもうすぐそこ!東京の桜の見ごろは例年3月末〜4月上旬だが、どこに行っても人の多さに疲れてしまうもの。
そこで、東京から1時間20分で行ける福島県郡山市にある桜の絶景スポットを紹介したい。福島の桜の見ごろは例年4月上旬〜下旬。春の旅行先を検討している人は、ぜひ福島県郡山市も候補に入れてみてはいかがだろうか。

桜の絶景スポット ヽ成山公園の桜(郡山市中心街)

※桜の見ごろは4月上旬〜中旬頃
キャプチャ

日本最古級のソメイヨシノをはじめ、約1,300本が咲き誇る開成山公園の桜並木。明治のはじめに行われた近代郡山発展の礎である、安積開拓時に開拓者たちによって植樹された桜だ。公園内の桜並木は、映画「時をかける少女」のロケ地にも使用されている。桜の開花期間中、公園隣の開成山大神宮には露店が立ち並ぶので是非合わせて訪れたい。

桜の絶景スポット◆〇淇眞和▲競ラ(郡山市中田町)

※桜の見ごろは4月中旬頃
キャプチャ
 
郡山市中田町の紅枝垂地蔵ザクラは、日本三大桜に数えられる「三春滝桜」の娘といわれる、樹高16m、樹齢約400年のしだれ桜。郡山市指定の天然記念物だ。この桜の下には地蔵堂があり、昔から赤ん坊の短命、夭折の難を逃れるために、願懸けが行われている。この桜のある中田町一円には、多くのしだれ桜が点在しており、三春滝桜を含めた「お花見ルート」としてたくさんの人が訪れる名所だ。

桜の絶景スポット 四季の里緑水苑(郡山市喜久田町)

※桜の見ごろは4月中旬頃
キャプチャ

郡山市喜久田町には、安達太良山を背景に、森林浴やバードウォッチング、バーベキューも楽しめる池泉回遊四季の花庭園、四季の里緑水苑がある。約3万坪の苑内には、早咲きの河津桜やソメイヨシノ、しだれ桜、30万本のアヤメをはじめ、ハナモモ・レンギョウ・ツツジ・シャクナゲ・クリンソウ・バラ・アジサイなど、四季折々の花々が咲き乱れる。

桜の絶景スポットぁ―津川の桜並木(郡山市湖南町)

※桜の見ごろは4月下旬〜5月上旬頃
キャプチャ

猪苗代湖に注ぐ郡山市湖南町の舟津川。河口付近に連なるソメイヨシノなど約120本の桜並木が望める絶景スポットだ。堤防沿いに植栽されている菜の花の見頃とも重なり、菜の花の黄色がピンク色の桜並木を一層引き立てる。また、舟津橋からは桜並木を一望でき、雪を頂いた秀峰・磐梯山と青く澄んだ猪苗代湖が織り成す絶景を楽しむことができる。


さらに、桜の季節が終わってしまった後でも楽しめる究極のフォトジェニックスポットが郡山にあるのをご存知だろうか。

菜の花、ヒマワリ、コスモス、四季折々の絶景が楽しめる!郡山随一のフォトジェニックスポット、布引風の高原はマストで訪れるべき!

キャプチャ

郡山市湖南町にある布引風の高原は標高が約1,000メートルあり、磐梯山や猪苗代湖が一望できる絶景スポットだ。高さ約100メートルもある風力発電用の風車33基が雄大に立ち並び、高原の風を受けてゆっくり回っている様子を見るだけでも癒される。

キャプチャ

風と緑あふれる高原は、5月中旬から5月下旬にかけて菜の花が咲き誇るほか、8月中旬から9月上旬にかけて見頃となるヒマワリ畑が有名だ。4ヘクタールの畑にヒマワリが約20万本咲いている光景はあっと息を飲むほど。そこに風力発電の風車が加わり、ここでしか見られない貴重な風景が広がる。さらに、ヒマワリとほぼ同時期にコスモスも咲き誇る。コスモスはヒマワリのシーズンが終わったあとも例年9月中旬頃まで楽しめるので、この時期に郡山を訪れる方もピンク色に染まった花畑を楽しむことができる。

桜はもちろん、有名なヒマワリ畑など、これからの季節は郡山を訪れるベストシーズンと言えるだろう。布引風の高原には、展望台やウォーキングコースもあるので、猪苗代湖と磐梯山を横目に花の中を散歩して楽しんではいかがだろうか。