東京ミッドタウンでは4月15日まで「MIDTOWN BLOSSOM 2018(ミッドタウン・ブロッサム)」を開催している。中でも注目は、春を存分に感じられるシャンドン ロゼとのマリアージュフードがいただける「CHANDON Blossom Lounge(シャンドン ブロッサム ラウンジ)」だ。

キャプチャ
「CHANDON SUITE(シャンドン スイート)」

このラウンジは、オーストラリアのスパークリングワイン「CHANDON」と東京ミッドタウンとのコラボレーションにより実現した。ラウンジで提供されるのは、ザ・リッツ・カールトン東京総料理長ティエリー・マーレー氏が考案したこだわりのオリジナルのメニュー。お花見にぴったりな桜色のスパークリングワインに、ストロベリーを浮かべた華やかなドリンクもあり、お花見をより一層華やかに彩ること間違いなし。

キャプチャ
「桜スパークリングセット(7,500円)」

「桜スパークリングセット(7,500円)」は、「シャンドン ロゼ」のボトル1本つきで、パテ・ド・カンパーニュ、自家製スモークサーモンコンフィーとポテトサラダなど、春を感じられるメニュー。また、このセットを頼むとドーム型の特別エリア「CHANDON SUITE(シャンドン スイート)」で花見を楽しめる(予約不可90分制)。雨風をしのげる上に、リッチな気分でゆったりと花見をしたいという方にはおススメだ。

その他にも、桜マカロン、桜とチェリーのシュークリーム等を含む「桜スイーツプレート 5種(2,800円)」などスイーツセットや「春野菜の地中海風オムレツ」、「桜フローズンスフレ(800円)」など単品メニューも充実している。

また、会場には桜の蕾とスパークリングワインの弾ける泡をイメージしたインスタレーション「CHADON Cheers Bottle(シャンドン チアーズ ボトル)」が登場。 日中は桜の花が散った後にも春を感じることができ、夜はボトル前のグラスに乾杯すると光の演出で幻想的な空間が広がる。

キャプチャ
インスタレーション

東京ミッドタウンでは、その他にも約150本の桜並木のライトアップや各店舗にて春をイメージさせるスプリングメニューを提供している。まだ、花見ができていないという方も、一味違った花見をしたいという方も、足を運んでみてはいかがか。


「CHANDON Blossom Lounge(シャンドン ブロッサム ラウンジ)」
期間:2018年4月15日(日) まで ※荒天中止
時間:12:00〜20:00
場所:東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン さくら通り沿いエリア
価格:入場無料
<展開メニュー>
桜スパークリングセット:7,500円
桜スイーツプレート 3種:1,800円
桜スイーツプレート 5種:2,800円
シャンドン ロゼ/ブリュット:グラス700円、ボトル4,500円
シャンドン ロゼ ストロベリーと共に:850円 ほか