昨今、若い世代を中心にユニークな「カフェ」が大人気だ。
爬虫類と触れ合える「はちゅカフェ」や、ハンモックが吊るされた「ハンモックカフェ」、釣った魚をその場で調理して食すというコンセプトの「釣り堀カフェ」など…、話題性抜群のユニークなカフェが続々とオープンし、注目を集めている。

「33 CAFE GREEN」メニュー

実はこのブームは東京だけのものではなく、地方都市にも波及をしているのだという。そのひとつが福岡県福岡市に7月1日(日)にオープンする、青汁カフェ『33 CAFE GREEN(サンサンカフェグリーン)』である。
 
青汁カフェ『33 CAFE GREEN』は、その名の通り、青汁を前面に押し出したフードやスィーツを堪能できるお店。メニューの写真を見る限り、ロールケーキは一見、抹茶のようにも見えなくもないが、正真正銘「青汁」なのだというから驚きだ…。
 
スイーツメニュー

こちらのお店をオープンするのは「緑効青汁」でおなじみの株式会社アサヒ緑健。
まだ青汁を飲んだことがない人、青汁を飲むことに抵抗感を持っている人など、これまで青汁と縁のなかった人に「気軽においしい緑効青汁を試していただきたい。」「緑効青汁をより身近に感じることで健康づくりの一助にしていただきたい。」という想いから、オープンに至ったそうだ。

アサヒ緑健の看板商品である「緑効青汁」は、九州、阿蘇で農薬を一切使用せず有機栽培した大麦若葉「むぎおう」を主原料に乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖を加えた、青汁と思えない「飲みやすさ」を誇る商品。

フードメニュー
ドリンクメニュー
焼き菓子メニュー

『33 CAFE GREEN』のメニューには緑効青汁の飲みやすさを活かして、ドリンクだけでなく緑効青汁を使用したフードやスイーツはもちろん、カフェの定番メニュー、コーヒーや紅茶もある。
青汁の主原料、大麦若葉の生産地である阿蘇の自然をイメージしたという店内は、木目を基調とし、ゆったりとくつろげる空間になっている。
 
「33 CAFE GREEN」店内
「33 CAFE GREEN」店内

『33 CAFE GREEN』は、平日は朝8時オープン。テイクアウトも可能ということなので、出勤前に緑効青汁で朝の活力をチャージするという使い方もできる。

地方発のブームが東京に上陸するというパターンは昨今では定番。ユニークな健康カフェが福岡でどう受け入れられるのか…その動向から目が離せない。


≪33 CAFE GREEN≫ 店舗概要
住所:福岡県福岡市博多区博多駅東3丁目5番15号 アサヒ緑健ビル1F
営業時間:平日 8:00〜19:30/土・日・祝日 10:00〜19:00
電話:092-482-0033
公式HP:https://33cafe.green ※HPは7月1日公開予定
アクセス:JR博多駅筑紫口徒歩7分
席数:店内(カウンター8席、テーブル10席)オープンテラス(カウンター3席、テーブル10席)