TO2

日本では、どこに行ってもほとんどトイレに困ることはありません。けれど世界では、3人にひとりが今もなお安全で衛生的なトイレを使えておらず、9億人が日常的に屋外で排泄しなければならない環境下におかれています。うんちには様々な細菌があり、その細菌がトイレがないことで免疫力の低い子供たちの体に入り込み、結果として下痢などを発症。1日に800人もの子供たちが命を落としていると言われています。

そんなトイレにまつわる問題をみんなで考えようと、11月19日を「世界トイレの日」として国連総会によって制定されたのが2013年のことでした。

TO5

世界の衛生課題の認知を日本でも高めていきたい。そんな思いを持って、LIXILでは「2018年トイレはどこ? in 神宮外苑いちょうまつり」を11月16日から19日までの4日間にわたって開催。「うんこ漢字ドリル」のうんこ先生を「LIXIL世界トイレの日特別大使」に任命し、初日の19日にイベント会場の神宮外苑で任命式が行われました。

TO1

任命されたうんこ先生は「とっても深刻な問題じゃ。みんなもわしと一緒にうーんと考えよう!」とコメント。会場には屋外での排泄を疑似体験することができるシースルートイレも設置され、いちょうまつりに遊びに来た家族連れや外国人グループも、気になってトイレを覗いていく光景も見受けられました。

TO6

トイレという身近にあるものから世界へ視線を向ける。そして環境への関心を大きくしていく。そのことの大切さを知るきっかけが「世界トイレの日」なのかもしれません。

TO4

<イベント詳細>
日時:2018年11月16日(金)〜11月19日(月)10:00〜17:00
場所:神宮外苑 いちょう祭り LIXILブース 
所在地:〒160-0013 東京都新宿区霞ヶ丘町2
アクセス:各線「青山一丁目」
     JR中央・総武線「信濃町駅・千駄ヶ谷駅」
LIXIL世界トイレの日Webサイト:
https://www.lixil.co.jp/minnanitoirewopj/worldtoiletday/