DSC_0720

一般公開されるのは、春と秋のみ。その時期になると、JRの駅から長い行列ができるほど多くの人々が訪れる“知る人ぞ知る、秘境スポット”があります。

DSC_0726

そのスポットは、国・登録文化財で「日本三大廃線トンネル群」の1つ、愛岐トンネル群です。愛知と岐阜両県の県境をまたいだ場所にあり、最寄り駅はJR中央線・定光寺駅。駅から300メートルの場所が入口です。

DSC_0687

愛岐トンネルは、1900年に庄内川渓谷沿いに開通し、1966年に廃線に。その後、2005年に発見されるまで40年もの間ずっと藪の中にあって、地元の人にも知られざる場所でした。

DSC_0737

発見のきっかけは、地元の人々がかすかな記憶を頼りに2005年にトンネルの探索をはじめたこと。半年かけてやっとトンネル群が見つかり、その後もNPO法人「愛岐トンネル群保存再生委員会」の手によって整備され、一般公開が始まりました。これまで国内そして海外からのべ18万人が訪れました。

DSC_0720

13基もの明治の赤レンガのトンネルが今も残り、特に秋には、手つかずで美しいままの見事な紅葉とともに楽しめます。古レールを再利用した落下防護柵、敗戦の整備中に発見されて展示されている犬釘などの鉄道部品、足元のバラスト(砕石)が、当時の面影をしのばせます。

DSC_0706

廃線した鉄道のトンネル、そして紅葉のトンネル。JRでアクセスしやすい場所でもあり、期間中は廃レンガ敷きのコンサートやSL・C57動輪の展示、マルシェ広場など、さまざまなイベントも行われます。

【公開期間】2018年11月23日〜12月2日
【時間】9:30〜15:00(14:00最終入場)
【料金】100円
※期間中、定光寺駅にはJRの一部快速電車が臨時停車

愛岐トンネル群保存再生委員会 公式サイト
http://aigi-tunnel.org/
愛知デスティネーションキャンペーン特設サイト
https://www.aichi-now.jp/dc/
Japan Highlights Travel愛知特集ページ
https://japan-highlightstravel.com/jp/aichi_special/