東京・千葉・埼玉で7店舗を展開するステーキ&ハンバーグ専門店「肉の村山」。メニューはビーフステーキ・ チキンステーキ・ハンバーグのみという、お肉専門店ならではの味わいをリーズナブルに堪能できるとあって、肉好きから絶大な人気を博しています。

この「肉の村山」では毎月11日・29 日に「いい肉の日」として「Texasステーキ」(400gまで)をランチとディナータイムにそれぞれ 1,000円(税別)で提供するサービスを実施中。先日筆者自ら実食してきましたので、その魅力をご紹介しましょう!

キャプチャ

訪問したのは「肉の村山 秋葉原末広町店」。末広町駅から徒歩約1分とアクセスも抜群!
 
キャプチャ

店内はステーキの本場、アメリカンテイストでカジュアルな雰囲気。カウンター席もあるので一人でも気兼ねなく過ごせますよ。

キャプチャ

店頭にある券売機。Texasステーキは150gから1ポンド(約450g)まで選べます。

キャプチャ

毎月11日と29日にはTexasステーキ(400gまで)がなんと1,000円に! 

キャプチャ

熱々の鉄板にてサーブされるステーキ400g。なんとご飯とスープも付いていますよ。これで1,000円とは驚くべきコスパ!

キャプチャ

付け合わせはコーンとブロッコリー。ステーキに使用されるのは、一頭の牛から2kgしか取れない「ハンキングテンダー」という希少部位。ハンキングテンダーとは焼肉店でもお馴染みの「サガリ」という部位。脂身が少なく柔らかい赤味が特徴なのだとか。

キャプチャ

上質なハンキングテンダーを30分以上マリネしてから焼き上げるというステーキは、絶妙なミディアムレア!表面はカリッと香ばしく、中は艶やかなピンク色。お肉の凝縮した旨味が口の中で広がります。ナイフがいらないほどの柔らかさなので女性やシニア層にもオススメ!

テーブルにある岩塩、おろしソース、ブラックペッパー、ニンニク、マスタード、醤油を使えば、お好みのテイストで味わうことができますよ。

このステーキを1,000円で食べられるサービスは毎月11日と29日に各店で実施。毎回開店前から行列ができるほどの人気ぶりなのだとか!

ぜひ次の“いい肉の日”には極上のステーキをお得に堪能してみてはいかがでしょうか?