新日鉄興和不動産は品川インターシティセントラルガーデンにて12月17日(月)〜12月22日(土)の期間限定で、「Shinagawa Xmas Cinema Week」を開催中。

星空の下や街中で上映される野外シアターが全国各地で増えつつある昨今。 「Shinagawa Xmas Cinema Week」では、品川インターシティに幻想的な野外シアターを敷設。会場はイルミネーションのきらめく光に包まれ、オフィス街が華やかに変化した姿に早くも話題となっている。

キャプチャ

「Shinagawa Xmas Cinema Week」は、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」などを手掛ける「ShortShorts」と、逗子海岸映画祭などを主催し、野外映画祭の先駆けである移動式野外映画館&アートプロジェクト「CINEMA CARAVAN」が初めてコラボレーションしたイベントで、全11作品(3プログラム)を無料で上映する。

キャプチャ

初日のオープニングイベントでは新日鉄興和不動産株式会社 代表取締役社長 永井幹人氏と同社CMに出演中の女優、井桁弘恵さんが登壇。
永井氏は「品川インターシティがオープンしてから20年が経ったが、以前は少し寂しいエリアだった品川に大変活気が湧いてきた。このイベントを通して、ますます品川が発展するきっかけとなれば」と話した。

キャプチャ

続いて、「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2018」のアワードセレモニーで公式審査員を務めた女優、本仮屋ユイカさんが登場。トークショーが行われた。本仮屋さんは「ショートフィルムはメッセージをより熱く、そしてシンプルにお客さんに届けられるのが魅力。また短い時間の中で簡単に異世界へ行けるので観ていてとても楽しめます」とコメントした。

キャプチャ

上映される映画コンテンツは日本発・アジア最大級の国際短編映画祭 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」の作品から厳選した話題作を上映。恋愛・社会・コメディなど多彩なジャンルを楽しめるのが魅力。会場はイルミネーションツリーの光に包まれ、華やかな雰囲気の中で映画鑑賞を楽しめる。

キャプチャ

会場には全米No.1クラフトビール「BLUEMOON」や様々なジャンルのフードがキャラバンカーにて出店。さらに先進的なルーツミュージックをメインとする音楽ライブも開催。冬の夜空の下、「観る・聴く・味わう」を一度に楽しめるのも特徴だ。

キャプチャ

「樽出しBLUEMOON(700円)」。苦味がややマイルドでフルーティーな爽快感。すっきりした飲み心地でどんな料理にも合わせやすい。

キャプチャ

島根県産の干物を提供する「ひものBAR」。焼き立てのノドグロやイカの一夜干しなどを用意。干物にピッタリな日本酒も充実。

キャプチャ

 熱々の釜焼きピッツァも販売するキャラバンカー。映画館ではなかなか食べることのできないピッツァも屋外なので周囲を気にせず味わえるのがうれしいところ。

キャプチャ

都会のオフィス街を彩る、幻想的なイルミネーションの光。LEDを使用した圧倒的なボリューム感で、会場を煌びやかな雰囲気に演出する。

クリスマスムードもますます高まるこの季節、ぜひ仕事帰りなどに立ち寄って映画や贅沢グルメを楽しんでみてはいかがだろうか?


【イベント概要】
「Shinagawa Xmas Cinema Week」
2018年12月17日(月)〜2018年12月22日(土)
会場:品川インターシティ(東京都港区港南2-15-2)