東京・渋谷駅周辺で2018年12月31日〜2019年1月1日、カウントダウンイベント「YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN 2018-2019」が開催されたSHIBUYA109のメインステージでは、Indeed Japanによるカウントダウンステージが開催。配布されたLEDリストバンドを身に付けた参加者たちが新年の訪れを待ち焦がれ、カウントダウンへの期待が高まる中、伝統と革新が融合されたステージが開始。2018年と2019年の干支・戌と猪を模した大型カルタが現れ、津軽三味線や和太鼓、尺八による和楽器演奏と、国内外で活躍するダンサーTAISUKEさんやIBUKIさん、ヒューマンビートボクサーKAIRIさんらによる、伝統芸能に現代パフォーマーが加わった革新的で迫力があるパフォーマンスが始まると、万雷の喝采が沸き起こった。


いよいよ年明けまで60秒になると、ステージ両脇に設置された大型ビジョンの映像に合わせ、カウントダウンがスタート!ステージ上ではカウントダウンに合わせ光るポイを両手に持ったパフォーマーも登場。カウントダウンの瞬間が近付くにつれ参加者の声も大きくなり、「3、2、1、ハッピーニューイヤー!」という歓声の中、高さ5メートルの青く輝く門松が出現、Indeedカラーの青い紙吹雪が空高く舞い上がり、参加者が腕に付けたLEDリストバンドも青く光る等、SHIBUYA109エリアは青一色に染まった。「あけましておめでとうござる」という狂言の音始まりから、津軽三味線、尺八の演者が再登場し、引き続きパフォーマンス。Indeed Japanステージのテーマ、「♯delightblue2019 喜びの青い輝き」を体感した参加者は、割れんばかりの歓声を上がった。


その後、メインステージを盛り上げるため、お笑い芸人ジャルジャルの後藤淳平さん、福徳秀介さんが元気よく登場し、会場はさらなる盛り上がりを見せた。ブルーに染まった華やかなステージを振り返り、「喜びの青いブルーに包まれ新年がスタートしましたね。クリエィブを感じる素晴らしパフォーマンスだった!」と感動した様子。さらには、大型ビジョンで人気アニメ「ONE PIECE」とコラボレーションしたIndeed Japanの新CMが放映され、これを見た後藤さんの「CM本編内で『麦わらの一味 募集』と表示されていましたね。このキーワードをIndeed、または特設サイト上で検索をすると楽しい仕事を探せるそうです!ぜひ検索してみてください!」という呼びかけに対して、実際にスマートフォンで検索した福徳さんが「表示されましたよ!・・・しかしこれは、間違えてニュースサイトに飛んでいるようですね(笑)」と返すと、会場は笑いの渦に包まれた。


Indeed Japanステージの最後に登場したのは渋谷区観光大使の、あっくん。『YOU MAKE SHIBUYA COUNTDOWN 2018-2019』終了後に行う、清掃活動への想いを「みなさんあけましておめでとうございます!普段、清掃活動をする時の僕は赤髪がトレードマークですが、今回“Indeed Blue”ということで、一日限定で青く染めました!渋谷の街が大好きなので、きれいになってほしいです!」と語り、豪華ゲスト達の登場で歓喜の声が上がる中、最後まで熱気に溢れたステージとなった。