【1】

“子供乗せママチャリ”といえば、保育園・幼稚園の送り迎えや、
子連れでの夕飯の買い出しなどに欠かせない、子育てママの必須アイテム。
最近はデザインがスタイリッシュな“進化系”ママチャリも増えているが、
子供を乗せている以上、まずなによりも気になるのはその安全性だ。

【2】

この度、そんな子供乗せママチャリとは切っても切れない関係にある
「自転車用チャイルドシート」の新製品【GRANDIA(グランディア)】のプレス発表会が、代官山T-SITE GARDEN GALLERYにて行われた。
【GRANDIA】は、自転車用チャイルドシートの国内トップシェアを誇る
オージーケー技研株式会社が、「抱きしめて守る」を
商品コンセプトとして開発したチャイルドシート。

【3】

自転車用チャイルドシートを作り続けて20年以上というオージーケーが、
子供の怪我ゼロを目指す“ケガZEROコンセプト”に基づき、
「子供の頭を守る」ことを最重要視して作られたものだという。

【4】

オージーケー技研株式会社の坂口裕哉氏によると、この商品を開発した背景には、チャイルドシート自転車転倒による“頭部損傷事故”が年間100件も起きている現状がある。

【5】

この【GRANDIA】の最大の特徴は、頭を側面まで守る「トリプルヘッドガード」だ。転倒事故の多さを踏まえて、270°という国内最大級のカバー範囲を実現。

キャプチャ

これにより、ヘルメットだけでは守りきれない側頭部もしっかり保護してくれ、子供が転倒時に脳に受ける衝撃を、大幅軽減してくれる。
しかもヘルメットと同素材で作られているので、子供を乗せるお母さんによっては、より安心・安全だ。

キャプチャ

また、【GRANDIA】はレバーを引くとワンタッチで締まる「自動巻き取り式のシートベルト」を採用。子供を乗せ降ろしする時のママへの負担を軽減してくれる。

【8】

他にも、子供の足を車輪巻き込みやすれ違い接触から守る「フットガード」や、
タオルやポンチョなどを収納できる「背中ポケット」、
立体駐輪場の下段使用時に便利な「折りたたみ機能」など、
子どもをケガから守りつつ、痒い所に手が届く新機能が満載だ。

【9】
【10】

商品プレゼンテーションが終わると、2019年度の【GRANDIA】イメージキャラクターに就任したタレントのSHELLYさんが登場。

SHELLYさんは、現在2人の姉妹(3才と1才)を持つママとして活躍中で、
「正直いままで転倒事故の危険性など、あまり考えたことがなかった。これから利用する側に私もなるので、チャイルドシートの安全面の大切さを、より多くの人に伝えていけたらと思っています」と、イメージキャラクターとしての抱負を語った。

【11】

また、イベント後半では、特別ゲストとして同じく2児の母として活躍中のタレント・ギャル曽根さんが登場。現在育児真っ只中の2人のママ目線から見た「GRANDIA」について、本音トークが展開された。

【12】

チャイルドシート付きの自転車デビューを考えているというSHELLYさんは、
「下の子も座っていられるようになったので、前と後ろに乗せてデビューしようかなと思ってるところですけど、でもまだちょっと怖い。街の先輩ママたちを見てても、乗せたりおろしたりするときのぐらつきとか、自分がやるとなると大丈夫かな?」と不安な気持ちを吐露。

一方、SHELLYさんよりも大きい6才と3才の子供を持つギャル曽根さんは、
「私はもうチャイルドシート付き自転車を使っていて、昨年まで通園していた。
子供と一緒だとすぐ『抱っこして』となるので、歩く距離が限られる。自転車がないと生活できない」という愛用者ぶり。

SHELLYさんは、「うちの子はクルマのカーシートを嫌がるから、ベビーカーに乗せて全部電車とバスで移動しているんです」と、有名芸能人らしからぬ、庶民的な私生活を暴露して会場を驚かせた。
ギャル曽根さんはクルマやベビーカーと比較した自転車のメリットについて
「自転車だと子供は喜びます。子供が色んなものを発見して『あれはなに?これはなに?』と会話したり、『信号は黄色と赤で止まるんだよ』って教えたりしながら走れるので、貴重な時間」。と、多くのママたちが共感できそうな、リアルな“子供乗せ自転車あるある”を披露。


また、「子供が元気で動き回るので落ちたりしないか心配だった(ギャル曽根)」と、チャイルドシート付き自転車に乗って不安だった点も明かした。

一方、今回の【GRANDIA】の撮影で初めてチャイルドシート付き自転車に乗ったというSHELLYさんは、「すごいしっかりした作りで乗せている間も安心感があったのと、乗せ降ろしが楽。あとシートベルトの調節がワンタッチでカチッとやるだけなので、うちみたいな動き回る子には最高」と感想を語ると、
「そんなに簡単なんだ!?子供の成長に合わせてシートベルトを調節するのは大変だった。自動でできるのはすごい」と、ギャル曽根さんも自動巻き取り式のシートベルト機能に食いついてた。

【13】

安全性については、「普段色んなチャイルドシート付き自転車を見るけど、
(トリプルヘッドガードに触れながら)ここまで側面がきているものはない」(SHELLY)、「子供は自転車の後ろで寝てしまうことが多いので、ここまで(側面が)あると頭をもたれられるので安全・安心」(ギャル曽根)と、それぞれ【GRANDIA】の安全面の魅力を語った。

最後に、ギャル曽根さんからSHELLYさんへ、「自転車で移動できるようになると、ちょっと遠くの公園へ行けたり、子供と行ける場所の範囲が広がる。これから【GRANDIA】でママライフを楽しんでください」と先輩ママとしてエールを送った。

余談だが、ギャル曽根さんはよっぽど【GRANDIA】に興味を持ったのか、イベント会場にある【GRANDIA】のカラー展開に気をとられ、司会者の質問を聞き逃すハプニングも。

【14】

すかさず「いまカラーチェックしてたんすか?ちゃんと聞いててください」と、
SHELLYさんのツッコミの餌食になって、会場を笑わせた。

そんな【GRANDIA】の気になる発売日は、2019年3月。
ギャル曽根さんも気になったカラー展開など、
詳細は下記GRANDIA公式ホームページに掲載中。

チャイルドシートユーザーに大人気のオージーケーの新製品だけに、
発売後は注文が殺到する可能性も?気になる方はいまのうちに目星をつけておいた方がいいかもしれない。