キャプチャ

2018年11月23日に公開された宮野ケイジ監督、ジャニーズJr.の安井謙太郎さん主演映画「ニート・ニート・ニート」。

【映画ニート・ニート・ニート予告編】

【あらすじ】
お調子者のトラブルメーカー・レンチは、あることがきっかけでヤクザに追われることに。そこで逃亡も兼ねて高校の同級生で会社を辞めたタカシと引きこもりのキノブーを連れ、旅に出ることにした。行先は出会い系アプリで出会った少女・月子が強引に北海道に決める。月子は広大な北海道の大地を次から次へと移動し、自分の目的を果たそうとする。月子の目的を聞かされていないレンチたち。次第に4人の中に亀裂が入っていき…。 そして行く先と資金がなくなったころ、4人はタカシの叔父で農業を営んでいるゴジさんの元を尋ねる。レンチ、タカシ、キノブーは泊めてもらうかわりに働くことになるのだが…。

生きることをサボっていた3人の若者と1人の少女の旅を描いた三羽省吾さんの同名小説を映画化。メインの役どころである3人にはジャニーズJr.の安井謙太郎さん、同じくジャニーズJr.から森田美勇人さん、「仮面ライダーゴースト」などに出演した山本涼介さんと注目の若手イケメン陣が抜擢。3人とともに旅をする少女は脚本家としての顔も持つ灯敦生(ともり・あつき)さんが演じました。そしてそんな若手キャストを支えるのは藤本隆宏さん、石野真子さん、MEGUMIさんら実力派の俳優陣。

「ジャニーズファンのための映画でしょ?」と思ったそこのあなた、それは大きな間違いです!

まず若手キャスト陣の演技力が高く、映画にしっかり引き込まれます。そして映画の大部分が北海道ロケのため、映像が非常に綺麗なんです。ストーリーも将来や生きることに悩む若者の姿が描かれており、4人が4人とも違う悩み・辛さを抱えています。見ている方もどこかに共感できる部分がきっとあるはずです。

そんな「ニート・ニート・ニート」。大半の映画館では上映が終了してしまいましたが、まだ観ることができるチャンスがあります。それは映画の舞台にもなった北海道。3月に行われるゆうばり国際ファンタスティック映画祭での凱旋上映が決まったのです。さらに、それに先駆けて札幌市内で行われる「さっぽろサテライト」でも上映されます。

詳しくは映画祭URLをクリック!
なぜこれほどの熱量でオススメしているのかというと…
この映画、この機会を逃したら一生観ることができないかもしれないのです。
その大きな理由が出演している安井謙太郎さん、森田美勇人さんの所属していたグループが2018年で解散。メンバーはジャニーズ事務所を退所してしまったのです(森田さんは2018年12月31日で退所、安井さんは2019年3月31日予定)。そんなこともあってか今のところDVD/BD化の情報などは出ておらず、このままでは映画祭での上映が観ることができる最後のチャンスになってしまいそうなのです。

北海道出身という理由で観てみた僕も引き込まれた「ニート・ニート・ニート」。ジャニーズファンはもちろん、そうでない方にも一度見て頂きたい作品です。
お時間とお金がある方はぜひ、北海道へ! 映画のついでに、美味しい食べ物もいっぱい食べられますよ!