キャプチャ

AI(人工知能)と音声認識技術を搭載した「スマートスピーカー」。昨今ではこのスマートスピーカーと連携した家電が各社より続々と発売されている。
パナソニックは“家電操作の利便性”に優れたスマートスピーカーと独自連携するLEDシーリングライトを、今月下旬に発売すると発表。2月6日都内にて、報道陣向けセミナーが開催された。

キャプチャ
 
スピーカー搭載 LEDシーリングライト「AIR PANEL LED THE SOUND」。昨年発売されたモデルでは、リビングダイニングで音楽やテレビ音声、スマートフォンによる音楽の再生機能が好評だった一方、より簡便な操作性を要望する声もあったとのこと。
そこで新製品にはスマートスピーカーとの連携によって、「光と音を一括操作できる機能」が新たに搭載された。

キャプチャ
 
同じく今月下旬に発売される、Googleアシスタント搭載のワイヤレススピーカーシステム「コエリモ」。LEDシーリングライトとの連携によって音声での操作ができ、暮らしのシーンや気分にあわせた空間の演出が可能だ。

キャプチャ
 
セミナーでは「新AIR PANEL LED THE SOUND」と「コエリモ」を、夫婦の日常を演出した寸劇によって紹介。帰宅直後の真っ暗なリビングでも「コエリモ」に「OK, Google」と声をかけるだけでシーリングライトがオンに。両手が荷物でふさがっていても照明リモコンやスイッチを探すことなく、声かけ一つ操作できるのが特徴だ。

キャプチャ
 
続いて夕食シーンに。「OK, Google、食事を開始して」の声かけによってあらかじめ設定していた音楽が流れ、照明も穏やかなモードに。「光と音の空間演出」が声だけで一括で操作できる。

キャプチャ
 
続いて資格取得に向けた夫の勉強タイム。「OK, Google、勉強を開始して」の声かけで本が読みやすい明るさに。新製品のシーリングライトには「文字くっきり光」というモードが搭載。読書や勉強をする時に重宝しそうだ。

キャプチャ
 
リラックスタイムには「OK, Google、シアターを開始して」「テレビをつけて」などの声かけで、録画していたドラマが再生された。さらに就寝前に「OK, Google、 全部消して」と声をかければ、テレビや照明、エアコンの全てのスイッチがオフに。リモコンやスイッチを触れずに声ひとつで操作できる家電の魅力が伝えられた。

キャプチャ

新製品のシーリングライトは「子育て家庭のサポート」もコンセプトとされており、寝かしつけに効果的な“絵本の読み書かせ”に最適な明るさの「くつろぎモード」を搭載。JAPAN絵本よみきかせ協会 代表理事 景山聖子さんが登壇し、子供への読み聞かせのポイントなどが紹介された。

キャプチャ
 
別室にて明かりの違いによる絵本の印象についての説明が行われた。全灯(蛍光灯)では、室内そのものも明るくなってしまうため、子供が絵本に集中しずらくなってしまうとのこと。

キャプチャ
 
「くつろぎモード」では室内の明るさが抑えられ、その分絵本の印象がアップ。絵の一つ一つの存在感が増すので、子供が絵本に集中できやすい。また適切な照度と色温度により、入眠しやすい環境を整える効果もあるのだそう。

忙しい共働き夫婦や子育て世代に嬉しい機能が搭載された、パナソニックのLEDシーリングライトとワイヤレススピーカーシステム。声かけ一つで豊かな暮らしをサポートしてくれる家電で春の新生活を楽しんでみてはいかがだろうか?


Panasonic ワイヤレススピーカーシステム SC-GA1(コエリモ)
Panasonic AIR PANEL LED THE SOUND


【Nicheee!編集部のイチオシ】

【生体の豆知識】最近明らかになった虫歯予防に 効果のある意外な食べ物とは!?
LCCピーチ就航7周年、バニラエアと今秋統合を前に「結婚式」開催