乃木坂
 
4月17日にリリース4thアルバム「今が思い出になるまで」が発売された乃木坂46ですが、すでに次の活動がスタートしている。
先日放送されたテレビ東京「乃木坂工事中」にて5月29日に発売される23rdシングルの選抜発表が行われた。

今作のシングルでは選抜メンバーに名を連ねていた西野七瀬、衛藤美彩、若月佑美、斉藤優里と卒業したメンバー、卒業を発表したメンバーがいる。
さらに3期生の選抜候補筆頭の山下美月がドラマ撮影、体調不良が重なってしまったことから、今作の活動を休むことになった。

メンバーの入れ替えは大きく起こる今作は一体どんなメンバーが選ばれたのか確認していきましょう。


注目のセンターは齋藤飛鳥

乃木坂

齋藤は2作ぶり、自身4度目のセンターを務めることになった。
転換期を迎えつつある乃木坂46、齋藤は西野七瀬の卒コンからあることを始めたという。内容に関しては「まだ言えない」と語るが、それが伝わる期間にしたいと決意を固めた。


初選抜メンバーは?

2期生・渡辺みり愛、3期生・阪口珠美の2人が初の選抜メンバーに選ばれた。
渡辺は2013年に加入、2017年にはアンダーでセンターも務め、選抜に入るのも時間の問題かと思われていたが、3期生の躍進などもあり、なかなか届かなった。約6年かけ、ついに選抜の座を手にした。そして今回も3期生の躍進が止まらない、その象徴が阪口の初選抜入りである。2人が乃木坂に新しい風を吹かせる。


選抜復帰メンバーは?

2期生・北野日奈子、鈴木絢音、3期生・久保史緒里、岩本蓮加が選抜復帰を果たした。
一時期活動休止をしていた北野、久保は共に2列目での選抜復帰になり期待が集まっている。そして、鈴木と岩本は2作ぶりの復帰になり、ここから選抜定着を目指す。


注目のメンバーは北野日奈子&久保史緒里

乃木坂

やはり今回の注目はこの2人になるだろう。
北野は選抜に定着し始めたが2017年の夏頃から体調不良のため活動を休むことが多くなり、同年11月に治療の専念のため活動休止を発表。2018年8月発売21stシングルで復帰を果たし、その後22ndシングルのアンダー楽曲「日常」でセンターを務め、万全な状態で選抜復帰を果たした。自身初となる選抜2列目のポジションに入り、自身だけでなく2期生に注目を浴びさせることはできるか。

そして、ある時期からファンの中で注目されてる「裏センター」と呼ばれるポジションがある。今回そのポジションを担うのが久保だ。過去でいうと「インフルエンサー」では伊藤万理華(卒業生)、「シンクロニシティ」では生駒里奈(卒業生)、「帰り道は遠回りしたくなる」では若月佑美(卒業生)とセンターの後ろではあるがビシッと決めてくれるキーになるメンバーが抜擢されている。
3作ぶりの選抜復帰となる久保は重要なポジションを与えられた。北野と同様に彼女もまた体調不良で活動を一時期休止していた。復帰後の前作でアンダーの経験を積み、今作では運営から最も期待されているメンバーかもしれない。


今回のフォーメーション

前から7-7-8の過去最多の22名が選抜メンバーとなった。
3列目は左から井上小百合、佐藤楓、鈴木絢音、岩本蓮加、阪口珠美、渡辺みり愛、伊藤理々杏、新内眞衣。
2列目は左から梅澤美波、北野日奈子、秋元真夏、久保史緒里、松村沙友里、星野みなみ、桜井玲香。
1列目は左から大園桃子、堀未央奈、生田絵梨花、齋藤飛鳥(センター)、白石麻衣、高山一実、与田祐希。

1期生9人、2期生5人、3期生8人という結果になった。


最後に

上記のメンバーで乃木坂46の新たなスタートを切る。
今作はどんな楽曲になるのだろうか、そして少し先の話になるが、例年の動きだと次回作には4期生という新たなメンバーが選抜に加入する可能性もある。
アイドル界のトップを駆け抜けている乃木坂46だが、グループ内では目まぐるしく様々なことが起こっている。
今後も目が離せない。


(Written by ユーサク)


【Nicheee!編集部のイチオシ】