画像カレー

日本でも嫌いな人はほぼ存在しないであろう国民食なカレーライスだが「一晩寝かせると、カレーは美味しくなる」というあまり根拠のないような常識をよく耳にするであろう。
実は一晩寝かせたカレーは恐るべき量の菌が増殖させているのだ。


「ウエルシュ菌」という細菌が活発に繁殖する!

この「ウエルシュ菌」は土の中や動物(人間)の腸内にいるまあどこにでもいる菌。土の中にいるので、じゃがいもやにんじんたまねぎといった根菜類には確実にくっついている。

でも生のまま食べてもなんでもないのは、この菌は酸素のあるところでは増えないからである。
しかしカレーのようなとろみのついた液体の料理は、酸素が抜けて「ウエルシュ菌」にとっては最適な環境になる。つまり加熱しても死なないわけで、酸素がなくなった状態で増殖し始める。


最悪の場合だと食中毒を引き起こす可能性も・・・

この菌は厄介なことに無味無臭である。
つまり菌が増殖しているのがわからず食べてしまうことが非常に多い。。
この菌は時間差で人体に悪影響を与えるため、朝食べたら、夕方くらいに痛くなるスパンで、今朝のカレーで痛めたとしても、そうとは気づきにくい。

ウエルシュ菌はおよそ100分後には1000、200分後には100万、5時間後は10億コにまでに増殖の一途を辿る。

状態にもよるが、100万くらいになると症状がでると言われている。
つまり200分くらい経つと危険ということ。
小さい子や老人などの抵抗力の弱い人には、要注意ということになる。


「ウエルシュ菌」の増殖の予防方法は3つ

 …祺絞歛検複隠亜邂焚次
◆〜案調理はさける
 再加熱は100℃で15分以上
とにかく菌を増やさないこと。

又、カレー研究家の小宮山雄飛さんも一晩寝かせたカレーは旨みが増すという説を一蹴している。

「カレーに限っては、スパイスの香りは時間が経つほど飛んでしまうので、やっぱり作りたてが一番美味しいと思います」
カレーにこうであらねばという定義はありません。玉ねぎ1つとってみても大きさが違ったり、家庭によって火加減の条件も違います。“レシピを疑って”(笑)、自由に作っていただきたいですね」と語る。

【出典】

(written by 佐藤)

【Nicheee!編集部のイチオシ】

雑学言宇蔵の『ちょっと言いたい島根雑学』
話題の“睡眠カフェ”が常時営業開始!「ネスカフェ 睡眠カフェ」が東京・大井町にオープン
「スター・ウォーズ エピソード9」の予告編公開 気になるタイトルは…