129921991_org

毎週末の競馬を盛り上げる実況アナウンス。
手に汗握る、スリル満点のレースを演出する重要なポジションで、中央競馬の実況は、約10名のアナウンサーが交代で担当しているのですが、よーくよく聞いてみるとそれぞれ個性が溢れています!

今回、まず最初に紹介するのは、山本直也アナウンサー。


★山本直也(やまもと なおや) プロフィール★
誕生日:8月13日
出身地:兵庫県
最終学歴:関西大学文学部
趣味:映画鑑賞、ドラマ鑑賞、公営競技観戦、散歩、読書

「ミスター競馬実況」と呼んでも過言ではないのでは…?
いかにも競馬実況らしい実況をしてくれるのが山本直也アナウンサー!

特徴は、まず序盤、気高く落ち着いた声でのゲートイン実況。
全馬ゲートインすると、「態勢完了!」とリズミカルに明るく語尾を上げてアナウンス。
直後「スタートしましたー!」とレースが始まり、出走馬の実況に入ります。

そして、山本直也アナウンサーと言えば、障害レース実況。
出走馬たちが障害を飛越する際に放たれる「踏み切って〜ジャンプー!」は、もはや彼の代名詞。
「踏み切って、ジャンプ!」という言葉は、他のアナウンサーも使うことがありますが、山本直也アナウンサーの「踏み切って〜ジャンプー!」は、タイミングよくリズミカルで、「踏み切って〜」がちょうどよくジャンプ前の心の準備になり、ジャンプの瞬間が心地よく感じられます。

また、実況を見ていると、まるで馬たちの方が、山本直也アナウンサーの声に合わせてジャンプしているように見えるほど。
(もちろん、本当は山本直也アナウンサーが馬たちに合わせて読んでいる。)

観ている私たちも、まるで馬たちと一緒にジャンプしているような、そんなハラハラ、スリル溢れる心持ちになれます。

クライマックスは声高めで、大盛り上がり。
この盛り上がりも、他のアナウンサーと比べても情動的で、感情移入しやすく、ゴールの瞬間の太めの声での「ゴールイン!」では最高潮を迎えます。

==特徴まとめ==
・気高い声
・「態勢完了!スタートしましたー!」
・障害レースでの「踏み切って〜ジャンプー!」
・大盛り上がりで情動的なクライマックス
=========

ぜひこの特徴を意識して実況を味わってください!


2019年4月13日 中山競馬 第11レース「中山グランドジャンプ」

(Written by K.馬子)