少名彦名神社参籠殿

2018年7月の西日本豪雨から1年。大きな被害を受けた愛媛県南部は現在も懸命の復旧・復興活動が行われています。

愛媛県中南部、清流で知られる肱川が流れる大洲市に、見た目も不思議な文化財があります。その名は「少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)参籠殿」です。少彦名神社は医薬の神様、家内安全の神様。

少彦名神社参籠殿は「懸造り」と呼ばれる建築様式で、参道沿いの急斜面に三方懸けで建てられています。床面積の約9割に当たる部分が、山崖にせり出しているのを見ることができます。

アメリカのワールド・モニメント財団WMF2014年版「世界危機遺産リスト」に、世界の名だたる名所や名建築と合わせて選出され、一躍脚光を浴びました。

その後、この団体と地元の有志によって再建され、2016年にはユネスコアジア太平洋文化遺産保全賞の最優秀賞を受賞。2017年には大洲市の有形文化財に指定されました。

参籠殿 (2)

少彦名神社参籠殿は終日いつでも見られる一方、土日祝にはボランティアガイドも行われています。問い合わせは電話(0893-34-2000)

愛媛県神社庁 少彦名神社
http://ehime-jinjacho.jp/jinja/?p=2807


【Nicheee!編集部のイチオシ】

雑学言宇蔵の『ちょっと言いたい島根雑学』
【最新スニーカートピック】20周年記念のオリジナルバージョンが復刻して登場!
【生体の豆知識】寝ている途中にいきなり落下する感覚に 陥り、体がビクッとなる あの現象は一体なんなの!?