キャプチャ

2019年6月24日(月)より、株式会社アントワークスが運営する丼チェーン「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」から<紅>「やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス」・<白>「極旨ねぎ塩唐揚げライス」(各税込880円)が全国の店舗(一部店舗を除く)にて期間限定で販売されます。

2

第10回からあげグランプリR「東日本しょうゆダレ部門」にて、株式会社アントワークスは金賞を受賞。その記念として、紅・白2種の「すたみな唐揚げ」商品を発売することに。夏らしくアレンジされたこの2品を、早速試食してきました。

まず試食したのは、<紅>「やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス」。

キャプチャ

「よだれが出るほどおいしい」という由来のある四川料理「よだれ鶏」をモチーフに、すた丼流にアレンジしたピリ辛の商品です。昨年からブームとなっている山椒の「しびれ」を表現するため、特製やみつき辛味ダレを調合。辛すぎず甘みもある特製ソースとなっています。
 
4

食欲をそそる香りのソースがたっぷりとかかった唐揚げを、ネギ・玉ねぎと一緒にいただきます。一口食べると、サクサクの衣の下からジューシーな肉汁があふれ、ほんのりピリ辛のタレがご飯ともぴったり。この特製ダレは、山椒・レモン果汁・おろしにんにくなど6種類の材料をブレンドしており、通常は2〜3種類のブレンドということで調合にかなり苦労したのだとか。「しびれ」も感じられる、絶妙な味わいのソースに仕上がっています。

次は、<白>「極旨ねぎ塩唐揚げライス」を食べてみます。

5

「夏でもがっつり食べたい」というお客様の要望に応えるべく、さっぱりとした中にもこってりとした風味を残した「極旨ねぎ塩」。そのお味は…?

6
 
にんにくが効いていて、味は濃いめなのにさっぱりとした爽やかなお味です。「やみつき辛旨“よだれ”」よりも玉ねぎが多めで、シャキシャキとした食感も楽しく、後味よく食べられます。こちらのタレは塩ニンニクをベースとし、ブラックペッパーを効かせながらとろみをつけて仕上げたそうです。スタンダードな夏らしさが特徴的な、すた丼屋らしい塩だれです。

7

1個30〜40gの唐揚げが、8個も入っている2品。もっと食べたい方には、12個入りの「超鬼盛り」(税込1,080円)もあります。そのまま食べるのはもちろん、ご飯に乗せて食べても、ごはんにこだわりのタレが染みて美味しいです。今回の商品のために開発された2種類のタレは、まさに夏にぴったりの「よだれが出る」美味しさでした。暑い夏だからこそ、唐揚げをお腹いっぱい食べてスタミナをつけてみませんか?

【<紅>「やみつき辛旨“よだれ”唐揚げライス」・<白>「極旨ねぎ塩唐揚げライス」】商品概要
・販売価格:各880円(税込)
・販売期間:6月24日(月)〜 期間限定販売
・販売店舗:「伝説のすた丼屋」「名物すた丼の店」全国各店舗

※下記店舗では販売しておりません。
八王子東浅川店、青梅河辺店、福生牛浜店、中野新橋店、東大和店
御徒町店、アリオ橋本店、ダイバーシティ 東京プラザ店、み〜さんの店

【伝説のすた丼屋】公式サイト
https://sutadonya.com/