7月6日から9月1日まで、ホテル雅叙園東京の東京都指定有形文化財「百段階段」にて「和のあかり×百段階段 2019」が開催される。第5回目となる今回は、青森、宮城、関東地方、九州を中心に40にも及ぶ団体や個人による作品が集結。宮崎県の放置竹林の間伐材を使用した環境問題をアートに変換する竹あかり作家NITTAKE氏による幻想的な空間インスタレーションや、本場のイベントでは100万人来場するという「長崎ランタンフェスティバル」との色彩コラボレーションなど様々なアート作品を楽しむことができる。

1

エレベーターを降りると目の前には迫力満点の「ねぶた」がお出迎え。第1回目より「漁樵の間」で展示されていたが、今年は最初に出会う作品=ウェルカムねぶたとして来場者を歓迎する。百段階段のエレベーター自体、螺鈿をあしらわれた非常に幻想的なものだが、その扉が開いた瞬間にこのねぶたが登場する様は圧巻だ。

2

十畝の間にあるのは、宮崎県の竹あかり作家NITTAKE氏による作品が展示。コンセプトは「都会の中に生まれたオアシス〜夏の涼しさ〜」。背面に立つ竹はビルをイメージ、手前には軽やかなラインと涼しげな金魚のモチーフで夏の涼を表した。この美しいアートが、元々は廃棄されるハズだった放置竹林の間伐材を使用しているとは想像もつかない。さらに、展示が終わったら竹炭に変えて活用をするとのこと。アートを通して、環境問題に興味を持ってほしいというNITTAKE氏の想いの強さを感じる作品だ。

3

漁樵の間には100万人の集客を誇る「長崎ランタンフェスティバル」との色彩コラボレーション作品が鎮座。「竜宮城」をテーマとするもので、威風堂々たる龍の回りに表情豊かな金魚や鯉が躍動感を与えている。雅叙園も「昭和の竜宮城」と呼ばれていたため、コンセプトもがっちり合っている。長崎ランタンフェスティバルは長崎新地中華街の人々が中国の旧正月を祝ったものがはじまりで、約1万5000個の極彩色のランタンやオブジェが街中を幻想的に彩り、今では長崎の冬の一大風物詩として全国的に知られるようになった。

4

草丘の間には熊本県山鹿の冬の祭典「山鹿灯籠浪漫 百華百彩」が展示。かつて山鹿は和傘の大産地として名を馳せた街で、当時の姿を蘇らせたいという思いから生まれたのが「山鹿灯籠浪漫 百華百彩」。和傘や竹を使ったやさしい和の光が空間を艶やかに演出する。作品の左右には龍の頭と尻尾が覗き、笠が空中の雲のように龍の身体を隠しているように見えるのが特徴だ。

5

清方の間には、山口県の柳井金魚ちょうちん祭りで飾られる「金魚ちょうちん」が展示。柳井では夏の一大イベントであり、お盆で帰省する人々を迎えるための民芸品として知られる。

6

頂上の間には、フランス・リヨンや富岡製紙場での上演など、国内外で活動中のサンドアートデュオemullenuettによる作品が展示。「ノスタルジック」をコンセプトとし、さまざまな記憶をサンドアートによって表現した。そして「掛け軸」に映し出されたサンドアートは、意外性もあり、思わず動画に収めたくなってしまう出来栄えで、現地ではぜひご覧頂きたい。

7

静水の間には埼玉県草加市のミツワ硝子工芸による江戸切子が展示。瑠璃色は「七宝」、赤色は「菊繋」、紫色は「十草」の伝統模様の晴れ着を着ている。それぞれの色彩が美しく灯と調和する姿も必見だ。


第1回の開催から累計来場者数31万人を誇る「和のあかり×百段階段 2019」。今年も多数の来場者となりそうだ。ぜひ足を運んで幻想的な夏の涼を感じてみてはいかがだろうか?