パナソニックはいい歯の日(11月8日)に向けて「歯の健康シンポジウム 2019秋」を10月23日、日本歯科医師会との協賛企画として開催。予防歯科への推奨や適切なブラッシングなどが紹介された。

パナ

 
1つ目のプログラムでは「ビジネスパーソンの歯と口の健康」が開催。日本歯科医師会常務理事 小山茂幸氏による説明が行われた。

パナ

日本歯科医師会では健康寿命延伸のために「8020運動」を推進。これは平成元年より厚生省と日本歯科医師会が推進する「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動だ。20本以上自分の歯があると食生活にほぼ満足することができると言われている。小山氏は「70歳を迎える頃に急激に歯を失うケースが多い。70歳になって頑張るのではなく、若い時からどのように頑張るかが重要」と強調した。

パナ

年齢階級別の永久歯・抜歯数とその原因も紹介。若い年齢では「虫歯」によって歯が抜けるケースが多いが、50歳以上では「歯周病」によって歯を失う傾向にあることがわかる。

パナ

正常な歯肉に比べ、歯周病にかかった歯肉は明らかに赤く腫れていることがわかる。初期にはほとんど症状が出ないので自分では気づきにくいのが問題とのこと。

パナ
 
歯周病は歯と歯茎の境目にバイ菌が付着し、炎症することから発生。最終的には歯茎が下がり、それに伴い歯がグラグラして結果的に抜くことになる。また歯周病は慢性的に進行するため加齢とともに抜かざるを得ないケースが多いという。

パナ

歯周病のリスク因子としては喫煙、口の中の清掃不良、初診時のポケットの深さ、プラークの付着量、ストレスなどが挙げられる。「喫煙は歯周病に最も深く関係する。また食生活や専門医への受診回数によっても影響すると考えられる」(小山氏)

パナ

さらに歯周病は全身の病気とも深く関連。“歯を失う”というリスクだけでなく、認知症、心疾患、糖尿病、肥満、リウマチなどの病気との結びつきもある。また「自分の歯がある人」の方が要介護になりにくいという研究結果もあるという。

パナ
 
2つ目のプログラムでは「パフォーマンスを向上させる、オーラル意識改革」が開催。堀江貴文氏をゲストに迎え小山氏とのトークショーが行われた。

パナ


朝起きた直後と寝る前のブラッシングが習慣になっているという堀江氏。また3ヶ月に1回の歯科検診と歯のクリーニングは欠かせないという。
「(歯の健康に対する)意識の低い人にどうやって病院に行かせるかが歯周病対策の課題。
実際に糖尿病も意識低い系が多い。虫歯は“痛い”という症状があるから誰でも歯科医院に行くが、歯周病は症状が出ないからこそ定期的な検診が不可欠。各メーカーさんがCMでもっと歯医者に行くように強調すべきだ」と歯周病に対する意見を述べた。

パナ

歯科衛生士によるブラッシング講座も実施。日頃のブラッシングでは歯のみだけでなく「歯周ポケット」を磨くことが不可欠とのこと。

パナ

また歯周ポケットをしっかり磨くことができる「ヨコ磨き法」のデモンストレーションも実施。歯と歯の間を掃除するだけでなく、歯ブラシを歯の境目に当てることが重要とのことだ。

パナ

続いて今年9月に発売されたパナソニックの新製品、音波振動ハブラシ「ドルツ」が紹介。同社の電動歯ブラシはこれまで歯ブラシを回転させるように動く“ローリング磨き”や“回転磨き”など様々なブラッシング方式を経てきたが、現在は歯周ポケットに適した「ヨコ磨き」を採用。細かいリニア音波振動によって、歯に当てるだけで歯科医師推奨の磨き方を再現した。

パナ

歯垢除去や歯周ポケットケア、ステインケアなど口の悩みに合わせて選べるモードも搭載。1本でデイリーな歯磨きからスペシャルケアが可能になった。また替えブラシは3ヶ月あたり約450円と経済的だ。

パナ

最上位モデル「EW-DP53」ではヨコ磨きとタタキ磨きでパワフルに歯垢を落とす「W音波振動」を搭載。また付属のブラシとアタッチメントによって約1週間で自然な白い歯を目指すこともできる。

パナ

また「ドルツ」は“歯科医師推奨の磨き方ができる、唯一の電動歯ブラシ”であるという。虫歯だけでなく歯周病への予防にも効果的だ。

快適な暮らしのために欠かせない歯と口の健康。ぜひこの機会に毎日のブラッシングや生活習慣を見直してみてはいかがだろうか?