2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公は、戦国武将の明智光秀。滋賀県大津市には、明智一族の菩提寺である西教寺がある。

 

その大津市で「びわ湖大津・光秀大博覧会〜戦国ぶらさんぽ〜」が、20203月から20212月まで開催される。

1.poster

「びわ湖大津・光秀大博覧会〜戦国ぶらさんぽ〜」の会場は、大津市の西教寺を中心に、石積みの町で知られる大津市坂本地区と大津市立歴史博物館がメイン。


市内4拠点(禅明寺光秀館・西教寺・滋賀院門跡・大津市歴史博物館)で、大河ドラマの衣装や小道具などの展示、明智一族の墓や遺品の展示などが行われる。


2.temple

特に、明智光秀ゆかりの西教寺では、2019年11月の16日・23日・30日に紅葉のライトアップが行われるほか、一般拝観終了後に特別拝観と座禅体験を実施する。


今回のライトアップは特別に、明智家の家紋「桔梗紋」のライティングとなる。


4.gozenn-1

 また、西教寺で紅葉の時期に味わえる名物「菊御膳」、重要文化財「坂本城の陣鐘」などを収めた収蔵庫も特別公開する。菊御膳は、最澄が中国より持ち帰ったと伝わる食用「坂本菊」を利用した精進料理。

6.genga_


さらに、滋賀を舞台としたマンガ「煉獄に笑う」とのコラボレーションイベントも実施。原作作画展、PVアニメーションも初公開される。大津会場(西教寺)と近江八幡会場(安土城郭資料館)の2ヶ所で開催。


さらに、「煉獄に笑う」トレーディングカード全6種も配布される(なくなり次第終了)


8.card_

びわ湖大津・光秀大博覧会〜戦国ぶらさんぽ〜

https://sengoku.biwako-visitors.jp/m14/



【Nicheee!編集部のイチオシ】

【日本酒★新発見】世界初!瞬間冷凍した生酒スーパーフローズンが南部美人から誕生!
そうめんにはサバ缶って…山形県の方が天才だった件!
「盛岡四大麺」がイケイケな件!!