深田

日常生活でのストレスや不安定な精神状態が起因し、寝つきが悪く途中で目が覚めてしまう。あるいは睡眠の質が悪く、気分の悪い朝を迎えてしまう不眠症や睡眠障害に苦しんでいる人間は数しれず存在する。

不眠には4タイプがある。/欧弔が悪い「入眠障害」¬訝罎鵬薪戮睫椶覚める「中途覚醒」D早く目が覚め、その後眠れない「早期覚醒」た爾眠った感覚が得られない「熟眠障害」。

又、考えられる原因もストレスに限らず加齢、身体疾患、カフェイン、アルコール、ニコチンの多量摂取などと数多に渡る。
不眠を解消する療法においても色んなお医者さんが独自の見解を示しているが、どの方法が自分に合っているかなんて最初から分からないし、一つ一つ実践して効果を待つ習慣を繰り返すのは正直しんどい。

手短な手段で安眠したい方は寝る前にこの曲を聴いてみてはいかがでしょうか!


「無重力(weightless)」



8分程のこの曲は、マンチェスター出身の3人組バンド、「マルコーニ・ユニオン」がイギリス音響療法アカデミーとの協力のもとに制作した、いわば科学的な根拠に基づいたリラックスするための音楽。

心拍数、血圧、ストレスホルモンが下がることを狙って音色やハーモニー、リズムなどが生み出されている。
2011年にマインドラボ研究機関にこの曲の持つ効果が認められ、満を持して科学的に「最もリラックスできる曲」として世に広まっていった。

ストレスレベルが高い状態の40人の女性を被験者にした実験では「無重力」の他に比較対象として「リラックスできる」とされているモーツァルト・エンヤ・コールドプレイ等が作曲した楽曲を聴き比べてもらった。
その結果、「無重力」はそれらの曲よりもリラックス効果が期待でき、数人の被験者に至っては「強い睡魔を誘われた」と語っている。効果のほどは他の曲に比べて「11%以上のリラックス効果」、「65%の緊張度低下」、「35%以上の心拍数低下」が見られたという。

間違っても運転中や仕事中には聴いてはならない曲だ。

【出典】
「カラパイア」:2014年10月15日