ラジオ1

“大脱走”“メイズ・ランナー”“ショーシャンクの空”などなど、世の中にはたくさんの“脱出”をテーマにした映画が溢れています。2時間の上映時間。彼らは生と死の間の中で、いつの日も輝いています。
ところが私といえば、毎日生きているのか死んでいるのか分からないようなボケッとした毎日を過ごしておりました。そんな生活に、一切の輝きなどございません。

こんなことでいいのか!! と、自分を奮い立たせようとは思いながらも、普段の調子で毎日を過ごしておりました。そんなある日。友人にこう誘われました。

「リアル脱出ゲームに行かない?」

脱出……! この変わらない毎日に輝きを与えてくれる甘美な言葉に、一つ返事で「行く」と答えていました。
※リアル脱出ゲームといえば、予備知識がなければないほど楽しめると思うので、写真は少なめで行きます。


リアル脱出ゲーム

さて、やってきたのは新宿。駅から約15分歩いたところにある“東京ミステリーサーカス”が今回の目的地です。
“東京ミステリーサーカス”は、新宿・歌舞伎町で最もリアルな物語体験ができるテーマパークとして話題で、私も一度は行ってみたいと思っていた場所。
そして今回挑戦する脱出ゲームは、、、、


「オールナイトニッポン 最大危機からの脱出」!

ラジオ2
※写真は取り忘れたので、イメージでお楽しみください。

この「オールナイトニッポン 最大危機からの脱出」は、東京ミステリーサーカスと、皆様ご存知のニッポン放送「オールナイトニッポン」がコラボした夢のようなラジオ好きにはたまらない夢のような脱出ゲーム。

簡単に内容を説明すると、プレイヤーたちは本日から新しい「オールナイトニッポンZERO」のパーソナリティーを務めることになった。現在の時刻は深夜2時45分。ラジオの準備を進めていると、現在放送中の「三四郎のオールナイトニッポン」のラジオブースに爆弾が仕掛けられていることが発覚!
犯人からの声明は「15分以内にこの爆弾を解除してみろ。ただし、放送を止めたり、警察に通報すればその瞬間に即ドカンだ! 期待してるぜ、伝説の生配信をな……!!」とのこと。
プレイヤーは三四郎と協力しながら爆弾の解除を目指すのだが、この展開、熱すぎないか?

軽い気持ちで新宿にやってきて、急にパーソナリティーを務めることには動揺を隠せないが、それ以上に私達の健闘によって、ニッポン放送が助かるなんて胸が熱すぎる。
「救ってやりますよ! このニッポン放送を!」と意気込む我々は、たしかにあの瞬間輝いていた。

ゲームスタート

私がオールナイトニッポンで一番好きなパーソナリティーは『オードリー』さんなのですが、以前のラジオ放送中に春日さんも、「この脱出ゲームに奥様と行っていた」と発言しており、同じくラジオ好きの友人とそのことについて盛り上がりながら、時間を待っておりました。

このゲームは4人で行うので、指定されていた仲が良さそうなカップルさんと合流。挨拶をしていると、程なく係のお姉さんが脱出ゲームの説明をはじめました。

……と、これ以上書くと、完全にネタバレになるのでここまでにしますが、プレイしてきた感想は「満足」の一言。ゲームが始まる前に、好きな「オールナイトニッポンZERO」のパーソナリティーから、応援メッセージを貰えるし(私達は「霜降り明星」と「佐久間宣行」のお二人から激励の声を頂きました)、ゲームの最後には一緒にプレイした4人で、『〇〇と〇〇と、〇〇と〇〇のオールナイトニッポン』という、タイトルコールを体験することも可能です。因みに友人は“カフ”に一番興奮していました。何だコイツ。


ラジオ3
カフとは音量を調整するレバーです。イラスト左下のもの。

ゲームの内容も驚きの連続で、初対面のカップルともすぐに「あーだこーだ」言いながら楽しく挑戦することができましたよ!


おわりに

脱出成功した瞬間はみんなでハイタッチを決めたかったです!!

そうですよ。決めたかったんです。まぁ、実際には“脱出失敗”したんですけど。
あと数秒あれば、脱出にも成功していたと思うのですが、ニッポン放送は悲しくも崩壊してしまいました。悲しいけども、それでも前を向いて進んでいきたいと思います。
ごめんなさいオードリー。

それでも“楽しかった”“惜しかった”とワイワイやれるのが、脱出ゲームの魅力かなと思います。
オススメなので、ぜひとも皆さん行ってみてください!

ラジオ4

負けてもニッコニコの僕らを載せておきます。お収めください。

以上です。

今回行った場所はこちら
「東京ミステリーサーカス」
住所:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目27−5 APM ビル
電話:03-6273-8641


(Written by 新人パーソナリティー・くりすけ)