写真.瓮ぅ鵝.薀好肇譽拭

 1月17日に公開された岩井俊二監督最新作『ラストレター』が国内新作映画の中で、実質、興行成績1位を記録している。1月18日〜19日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)で総合4位に初登場。これは、この週に新作旧作合わせてのランキングのため、この中でその週に初登場した新作5本の内では1位にあたる。土日だけですでに1億円の興行収入と、好調な滑り出しを見せている。 

ストーリーは岩井俊二監督の出身地・宮城を舞台に、手紙の行き違いから始まるふたつの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描く。すでに各媒体へのコメントにあるが、本作は自身の25年前の名作「Love Letter」(1995年)に呼応する作品であり、雑誌「SWITCH」の特集でも、「チャンオクの手紙」を膨らませたものであり、岩井作品の集大成であると自身のページで答えている。キャスティングは、すでに岩井作品に出演経験のある、松たか子や豊川悦司に加え、新たに神木隆之介や福山雅治といったビックネームが参戦。絶大なる人気の広瀬すずや新人の森七菜の起用もあり、豪華キャストが勢ぞろい。広瀬すずと森七菜が一人二役を演じ分けているところなどは、『Love letter』の中山美穂を思い出す人も多いだろう。また、書けない小説家という役柄で、普段とは違ったキャラクターに挑戦した福山雅治の演技にも注目したい。

劇中、登場人物の不可思議な行動や突発的な事件は、やがて自然な微笑を生む。出演者と一緒に謎解きをしながら物語を追うような。手紙を書くシーンが続いても、感情移入ができ、興味が尽きない。音楽の効果も大きい。主題歌は出演者のひとりである森七菜のデビュー曲「カエルノウタ」。映画を観終わったいまもフレーズやメロディが頭の中でループ再生している。
映像は自然の風景と日常の風景、人物といった各カットは、まるで写真集をみているような感覚に陥る。シーンによっては、親しい人がビデオを回していたような親密感を持つ。

また、岩井監督作品が連日、BS放送等で特集が組まれていて、環境のある人は自宅にいながらして、岩井作品の旧作を振り返ることができる。映画公開初日には、「Love Letter」「スワロウテイル」「四月物語」と3本まとめてWOWOWで放送されていた。私も一気に三作品を観た。少なからずも、手紙つながりの意図を少しは理解できただろうか。

手紙のモチーフについては、いろいろな意味が含まれていて、伝達手段である「手紙を書く」ことの大切さを問いたい。手紙を書くことは、自分を振り返り、相手との関係や気持ちを整理する時間。ポストからポストへ届く時間の経過や手紙に書かれた文章や字や消印や選んだ封筒、便せんといったものまで人のぬくもりを伝えることができる。メールに頼りがちなこの時代、手紙はいまも人と人とをつなぐ大切なツールであることを忘れてはならない。

自分の話で言うと、15年以上も前になるが、母の葬式に母あてに手紙を書いた。自分への反省と母への感謝、母はいないけど、「これから頑張るよ」という決意表明だった。自分と向き合う、いい時間になった。

ある意味、岩井監督作品の集大成といわれるべきこの作品を、ぜひ、劇場で確かめて欲しい。

【コピーライト】
(c)2020「ラストレター」製作委員会
【公開日】
2020年1月17日
【公式サイト】


(Written by フルタイム 佐藤正子)


【Nicheee!編集部のイチオシ】

【写真集発売記念】乃木坂46・山下美月ってどんな人?
【言われてみれば気になる】富士サファリパークのCMソングって 誰が歌っているの?
サッポロ一番「しょうゆ味」「ごま味」が全国販売開始!キャンペーンも絶賛実施中