乃木撮

3月25日発売される乃木坂46の25thシングル『タイトル未定』の選抜メンバーが先日放送されたテレビ東京の冠番組『乃木坂工事中』で発表された。
今作の選抜メンバーは22人と人数多めの編成となった。
一体どんなメンバーが選ばれたのか確認していきましょう。

注目のセンターはもちろん

乃木坂46

センターは卒業を控えた白石麻衣が務める。
デビュー当時から人気があった彼女にとっての集大成となる今作はどのようにな作品なるのか。おそらくCDにはソロ曲も収録されるだろうが、表題曲も乃木坂46・白石麻衣のアイドル人生を表現した楽曲になるでしょう。

とにかく本人にとって気持ちがいい締めくくりになってくれることを祈るだけです。

白石を送りだす粋な計らい

今回のフォーメーションで最大のサプライズというのか、粋な計らいと言うべきか。1期生全員が選抜入りし、2列目までを全て埋めた。今までになかったこの演出には正直驚きました。でも同時に嬉しくもありました。
樋口日奈は5作ぶり、中田花奈は6作ぶり、特に和田まあやに関しては8thシングル「気づいたら片想い」が発売した2014年4月以来の復帰。

これで白石を送り出すお膳立てが整ったと感じさせる采配だ。

注目のメンバーは?

乃木坂46

ライターは今回の裏センターと呼ばれるポジションを務める3期生・大園桃子に注目してる。
大園がこの位置にいるのは白石との関係性にあるだろう。3期生が加入した頃、既にトップアイドルとして活躍していた白石は遠い存在過ぎてなかなか後輩から近づいていけないという状況だった。そんな中、大園がその壁を壊した。「まい姉さん」と慕い、積極的にコミュニケーションを取り、白石に引っ付いたり、抱き着いたりしている様子がよく見られていた。
白石も「後輩から来てくれることがあまりなかったので嬉しかった。」と特に可愛がっていた。

この2人をフォーメーションで縦関係に置くのも考え深いものだなと感じる。
個人的には是非ダンスパフォーマンスのどこかで2人の演出を入れてもらいたい。

選抜メンバー紹介

今作のフォーメーションは前から5-6-11で以下の通り。

3列目左から、賀喜遥香、新内眞衣、山下美月、久保史緒里、堀未央奈、大園桃子、遠藤さくら、岩本蓮加、与田祐希、北野日奈子、梅澤美波。

2列目左から、井上小百合、和田まあや、高山一実、秋元真夏、樋口日奈、中田花奈。

1列目左から齋藤飛鳥、生田絵梨花、白石麻衣(センター)、松村沙友理、星野みなみ。

1期生11人、2期生3人、3期生6人、4期生2人という結果になった。

最後に

上記のメンバーで乃木坂46としての白石麻衣を送り出す。
1列目には乃木坂46の初期を白石とともに引っ張ったメンバー、そしてもう1人のエース・齋藤飛鳥、2列目はグループを支え続けた1期生、3列目にはそう遠くない未来の乃木坂46の姿、形を表したような布陣になっている。
特に4期生の賀喜遥香が連続の選抜入りは運営の期待と将来的に担ってもらいたい役割があるのだなと勝手ながら思っている。
これで楽曲の振付師がSeishiroさんだったら、ライターは嬉しい限りだ。

ハルジオンが咲く頃、サヨナラの意味、帰り道は遠回りしたくなる。
今度はどんな卒業シングルが生まれるのであろうか?


(Written by ユーサク)