画像 〃手

2020年3月5日の今日は、暦の上では「啓蟄」(けいちつ)にあたります。
(注:新暦計算と国立天文台暦計算室とでは1日ずれる場合があります)
一般的に暦の上では…という表現から始まる代名詞。
「啓蟄」は旧暦2月の節気で、啓は開く、蟄は正しくはチュウと読み、チツは俗音で、土の中に巣ごもりした虫を指します。
 太陽は黄経345度に達し、いよいよ15日で春をむかえます。

二十四節気「啓蟄」の期間を、さらに、5日ごとに区切って、気象の動きや動植物の変化を知らせるための言葉で表しています。それを七十二候といいます。

第一候は 
「桃始華」桃の花が咲き始めて華く。

第二候は 
「倉庚鳴」山里でウグイスが鳴き始める季節。

第三候は
「鷹化為鳩」鷹が仲春の気を強く感じて、カッコウに姿を変える時節。

七十二候の示すように、暦は、日本のさまざまな四季の中の冬の情景を、繊細に表しています。
啓蟄の第一候は、「啓虫啓戸(すごもりむしとをひらく)」。
この対義語として、二十四節気ではなく、七十二候の秋分の第二候に「蟄虫坏戸(むしかくれてとをふさぐ)」という言葉があります。日本人だからこそ、こういった身近な日本の四季を味わい、暦を今の生活に取り入れてみてはいかがでしょう。

画像◆〃手

いつのころからか、季節感に触れることが少なくなった現代。
暦の言葉に耳を傾け、季節感を感じてみましょう。

出典:
国立天文台 暦計算室
「こよみ」岡田芳朗著 神社新報社
「現代こよみ読み解き事典」岡田芳朗+阿久根末忠著 柏書房

Written  :コヨミズム
Photo    :Mylene2401/Pixabay
       wal_172619/Pixabay