花嫁イメージ

友人・知人から結婚式の招待状が届いても参加できない事が多い筆者なのですが、年齢的にも、これからますますそういった機会が増えてきそう…何だか憂鬱。そんな中で結婚にまつわる一つの素朴な疑問が生まれました。

それは「ジューンブライド(June Bride)」という6月に結婚式を挙げた花嫁は生涯幸せな結婚生活が送れるという言い伝えです。
ヨーロッパ発祥の言い伝えらしいですが、日本国内でも割と広く浸透しており、結婚式の日取りを6月に調整したがる女性の方は今でも多いみたいです。

そもそも何故このような考え方が生まれたのか、深く理由を知らない方も多いのではないでしょうか。
結婚式場のサイトによるとジューンブライドの起源には大きく分けて3つの説があるそうなのですが今回はその説を一つ一つ手短に紹介していきたいと思います。

ローマ神話の女神「Juno(ユノ)」説

ローマ神話によると、主神ユピテルの妻であり、最高位の女神Juno(ユノ)が、6月を守護する神とされており、更には結婚や出産、育児の象徴として、女性と家庭、子どもを守る女神として古来よりあがめられていたそう。
そして英語の6月(JUNE)は、Junoが6月を守護していることから命名されたものであり、Junoが象徴する6月に結婚すると、その加護で幸せになれる…という言い伝えが流布していったという説があります。

昔のヨーロッパは6月に結婚式を解禁していたから!?

農耕が中心だった頃のユーロッパでは、毎年3月から5月までが農作業で忙しく、このピーク期間は結婚が禁止されていたそう。その為、結婚が解禁され、待ちわびていたカップルが一斉に結婚式を挙げるのが6月であり、農作業が一段落した多くの人々から祝福されるため、ジューンブライドが幸せになれるという風になった…という説もあります。

ヨーロッパでは6月が最も天気のいい時期だから!?

6月のヨーロッパは雨がもっとも少なく、快晴に恵まれやすいので結婚式を挙げるには最適なシーズンだそう。
更に6月はヨーロッパで復活祭が行われることもあり、6月は祝福ムードが高まる事から、より多くの人々から祝福を得やすい時期なんだそう。


以上が有力な説3つでしたが細かな諸説は他にも色々あるそうです。
個人的には殆どがヨーロッパでの出来事からくる言い伝えなので、日本でマネしても効力ないんじゃないのかな??と思ってしまいました。日本では6月は梅雨時期ですし。。。
でも、皆様は末永くお幸せに!


【出典】
「みんなのウェディング」
「ハナヨメ結婚式準備ガイド」
「マイナビウェディング」



(written by 虫歯太郎)


【Nicheee!編集部のイチオシ】

【言われてみれば気になる】「アサヒィ↓スゥパァ↑ドゥルァァァァイ↓」←これは誰が出している声?
【感動】バーガーキングの考えさせられる「啓発広告・キャンペーン」3選!!
小池東京都知事が表彰!「ダイバーシティTOKYO アプリアワード」最優秀賞が発表!