coffee

「珈琲(コーヒー)」といえばClingonの名曲を思い浮かべるのは僕くらいで、一般的には戦う男には欠かせない漆黒の苦い飲料のことを指す。

ところでコーヒーには何故「珈琲」という字が当てられたのだろうか?
もちろん「珈」「琲」の音がCoffeeに似ていることもあるが他にも理由があると言われている。

コーヒーが「珈琲」という漢字を当てられたのは幕末頃。コーヒーの赤い実があるものに似ていたためであると言われる。
そのあるものとは、当時女性が髪に挿していた「かんざし」。
「珈」の字は髪飾り(花かんざし)、「琲」の字はかんざしの玉をつなぐ紐を表しているのだという。
これを考案したのは幕末の蘭学者、宇田川榕菴(うだがわようあん)だそう。
ちなみに、酸素、水素、窒素、細胞といった言葉を日本語にしたのも榕菴なのだという。


参考:UCC

(written by 山崎健治)




【Nicheee!編集部のイチオシ】

パナソニック「子育てお役立ち家電セミナー」を開催! 子育て中のママ必見のお役立ち情報満載!
国際線の空の旅がより静かで自分だけの時間になる!?ソニーのノイズを低減するヘッドホンが、ANAのファーストクラスで利用可能に!
「ロボット掃除機」への不安を一掃!次世代ロボット掃除機「RULO」が3月下旬に発売