『アイアンマン』、『アイアンマン2』、『アベンジャーズ』シリーズの監督・製作総指揮を務めたジョン・ファブロー。

Jon_Favreau_(25875971690)
 
「あれ?見たことあるな」と思った方も多いはず。彼はトニースタークの運転手兼ボディガード役でマーベル映画に出演もしています。

そんなジョン・ファブローは、2013年公開の『アイアンマン3』で監督を降板しています。会社との関係悪化や解雇説などが囁かれましたが、ジョン・ファブロー本人が会社との関係性は良好であると報道を否定しています。

ジョン・ファブローが『アイアンマン3』の監督を断った理由が、今回ご紹介する映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』の製作をするためなのです。ジョン・ファブロー曰く「一番作りたかった作品が『シェフ』だ」とコメントしており、作品に対するかなり強い思いが感じられます。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2015年公開)

81baDGWDpnL._AC_SX342_
 
ロサンゼルスの一流レストランでシェフとして働くカール・キャスパー。働くレストランにある日、大物料理評論家が来店する。高評価をもらうため自らの創作料理で挑もうとするが、オーナーから通常メニューを出すよう指示され、カールは仕方がなく従う。

結果、大物料理評論家から酷評を受け、それに腹を立てたカールは覚えたてのTwitterで文句を言い炎上、再度来店した大物料理評論家に激怒し、その様子がYouTubeに投稿。オーナーとも揉め、レストランを辞めることになる。

失意のカールに同情した元妻イネズは、息子のパーシーと一緒に故郷であるマイアミを訪れる。そこでカールは本場のキューバサンドイッチの美味しさを知り、これをフードトラックで移動販売していくことを思いつく。早速話を聞いて駆けつけた元同僚で旧友のマーティン、息子のパーシーを含めた3人でフードトラックの営業を開始する。

失意の中から料理人としての情熱を取り戻していくカール。旅を通じて深まっていくパーシーとの親子の絆。ノリの良いラテン系の音楽と美味しそうな料理の数々。人生を豊かにする要素が全て詰め込まれているような素晴らしい作品です。

出演者の中にはマーベル作品でお馴染みのロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソンも出演しています。

この外出自粛期間中の時間を使って、ぜひ一度チェックしてみてください!