三井住友信託銀行

新型コロナウイルスの影響により各社が様々な取り組みを実施するなか、三井住友信託銀行はワクチン・治療薬の開発を行う大学の支援を目的とした「新型コロナワクチン・治療薬開発寄付口座」を開設すると発表した。

同行は、本年度策定した中期経営計画において「信託の力で、新たな価値を創造し、お客さまや社会の豊かな未来を花開かせる」というメッセージを提唱。
この定義に照らし、新型コロナウィルス感染症を克服する方策として、寄付を受け付ける寄付口座を開設する。さらに地域貢献に向けて、新型コロナウイルス感染症対策に取り組む大学を各地方から選定。1大学につき10百万円の寄付を実施する。

 
三井住友信託銀行
「新型コロナワクチン・治療薬開発寄付口座」は同行WEB上の専用ページより申込み可能だ。(同行と取引がない場合でも申込できる)。寄付先をあらかじめ選定する方法と、寄付先を選定せず寄付金を按分して寄付する方法の2通り。同行が各寄付先へ寄附金を送金する。

受付期間:2020年5月21日(木)〜2020年7月31日(金)
寄付金額:1万円以上1万円単位(上限金額無し)


尚、寄付先は以下を予定している。(5月14日現在)

東北大学:ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用
北里研究所:治療薬の開発、既存薬の転用
東京大学:ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用
東京理科大学:治療薬の開発、既存薬の転用
名古屋大学:治療薬の開発
金沢大学:ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用
京都大学:ワクチン・治療薬の開発
大阪大学:ワクチンの開発
岡山大学:治療薬の開発、既存薬の転用
広島大学:ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用
愛媛大学:治療薬の開発
九州大学:ワクチン・治療薬の開発、既存薬の転用

寄付先への振込と領収書の発行依頼手続きは同行が行うため、簡単に申込むことが可能だ。さらに寄付金の領収書は各大学から後日送付予定。確定申告時で寄付金控除を受けることもできる。

収束の兆しがなかなか見えない新型コロナウィルス感染症の拡大。同行が取り組む寄付口座の開設は、治療方法確立への一助になると言えるだろう。