alpro_1

ヨーグルトで知られるダノンジャパン株式会社(本社:東京)は、2020年4月6日より、同社初の新カテゴリーである植物性ミルク・豆乳類の「ALPRO(アルプロ)」を関東エリアを中心にスーパーマーケット及び一部のコンビニエンスストア向けに販売を開始した。これに伴い、2020年6月3日に新製品のオンライン発表会が開催された。

alpro_2
ダノンジャパン 法務・コミュニケーション部長 長谷川一美氏

「ALPRO(アルプロ)」はベルギーで1980年に生まれた植物性食品ブランドだ。ヨーロッパ各国をはじめ世界中の多くの国に大豆とオーツ麦といった植物から得られる栄養とおいしさを届けてきた。そして、40年を迎えたこの春、日本に初上陸した。
ダノンジャパン 法務・コミュニケーション部長 長谷川一美氏によると、新製品発売から2ヶ月経過し、流通関係者や生活者からも非常に高い評価を得ているそうだ。

alpro_3
ダノンジャパン プラントベース部ヘッドオブプラントベース 馬場健二氏

日本でも植物性食品は、美容や健康志向の高まり、インバウンドで海外のライフスタイルを積極的に導入する動きの中で広がりを見せている。動物性食品を一切食べない完全菜食主義のヴィーガンもそういった流れの中でかなり身近になってきた。一方で、野菜中心の食生活をしながら肉も魚も食べるゆるめの菜食主義者の「フレキシタリアン」と呼ばれるライフスタイルも広がりをみせている。
ダノンジャパン プラントベース部ヘッドオブプラントベース 馬場健二氏が日本市場の戦略について紹介する中で、「ヴィーガンもフレキシアリアンも、植物パワーで元気になりたいという考え方は共通で、動物性食品の代替として植物性食品に関心が高まっている」、「世界規模でみた場合、「豆乳類・植物性ミルク」は毎年8%の割合で消費量が増えており、ヨーロッパではオーツが大きく伸張している」と説明した。
日本市場に参入するにあたり、「植物性飲料のおいしさと栄養の魅力をお伝えしながら、あらゆる世代の方々の毎日の食を通じた健康に貢献していきます」という当社のビジョンに基づき、ソイやアーモンドなど複数の素材の中からヨーロッパで伸張しているオーツに注目し、「日常生活で簡単に取り入れやすい飲料でより多くの消費者に届けたい」と経緯を語った。

alpro_4
    ダノンジャパン マーケティング部の福田マルシオ ALPROシニアブランドマネジャー

「ALPRO(アルプロ)」製品を”アガる!植物パワー”というキャッチコピーを掲げ
、欧米で一番人気のオーツミルクをいち早く日本で展開する。ダノンジャパン マーケティング部の福田マルシオ ALPROシニアブランドマネジャーは、オーツミルクの魅力や「気分までアガるキャンペーン」を紹介した。
日本ではオートミールやグラノーラの材料として見られるオーツ麦だが、ヨーロッパでは古くから食される人気の穀物だ。魅力はなんといっても食物繊維がたっぷりで、水溶性と不溶性がバランスよく摂れること。血糖値の上げ幅がゆるやかな低GI食品としても有名で、芳ばしさと優しい甘さを楽しめるのも魅力の一つだ。
そのオーツ麦を主原料としたオーツミルクは、ライスミルクやアーモンドミルクに続く新しい植物性飲料として欧米でトレンドとして定着している。海外のセレブが好んで摂取し、バリスタにも人気で大手コーヒーチェーンもメニューに採用するほどだ。

alpro_5

今回販売を開始したのは3種類で、ほんのりした甘さを全面に出した「ALPRO(アルプロ)たっぷり食物繊維 オーツミルク ほんのり甘い」を250ml・1000mlの2種類と、甘さをおさえ料理にも使える「「ALPRO(アルプロ)たっぷり食物繊維 オーツミルク 砂糖不使用(1000ml)」だ。
日本人女性が必要とする1日の食物繊維量の不足分を1本 250ml摂取でカヴァーできる「飲む食物繊維」としてもアピールする。

alpro_6

またミネラルやビタミンも多く含まれ栄養バランスもよく、牛乳と同じ量のカルシウムも配合しヴィーガンの要望にも配慮している。オーツ麦の芳ばしさと優しい甘さで飲みやすくそのままでも、コーヒーやシリアル、そして味の主張が少ないので豆乳以上に料理にも活用できる。

日本で展開するにあたりターゲットを「こだわりいっぱい、意識高い」層の女性たちを想定し、植物性飲料の魅力をSNSなどを通じ、多方面へ発信してもらうキャンペーンも実施する。
2020年6月6日より、日本記念発売キャンペーンとしてこうした層からも人気のモデル、矢野未希子さんのyou tube/Instagramで「#おうちでオーツカフェ」を発信する。他にも今後キャンペーンを行い、最終的にはどの層にも広く消費してもらうよう目指す。

alpro_7
管理栄養士、FC東京栄養アドバイザーの久保田尚子先生とモデルの田中里奈さん

後半は管理栄養士、FC東京栄養アドバイザーの久保田尚子先生とモデルの田中里奈さんによる「オーツ麦の栄養と女性の健康」をテーマとしたトークセッションが行われた。久保田尚子先生は「実は食物繊維は穀類からもしっかり摂れる」「食物繊維は女性だけが足りないわけじゃなくて、男性も不足傾向にあり、特に生活習慣病に対しても強い意識を持たないといけない」と解説した。そして、「食物繊維は毎日適量取るのが理想なのでオーツミルクは実践しやすい」と推奨した。田中里奈さんからは「私の普段の美容や健康に対するモットーは楽しく、ゆるく、美しく!そういう意味でも本当に美味しいので毎日続けられるなという感じがしますね。」とアピールした。

新商品は好評につき、2020年10月から全国展開が決定している。

ダノンジャパン株式会社 www.alpro.com/jp