写真 [秋

2020年8月7日の今日は、暦の上では「立秋」です。
(注:新暦計算と国立天文台暦計算室とでは1日ずれる場合があります。)

「立秋」というと、真っ先に気を付けなければならないのが、季節の便りです。
これまで送っていた「暑中見舞い」は、今日からは「残暑見舞い」です。秋なのに、まだ暑さが残るという季節感のずれを感じますが、たいがい儀礼的なものは暦を基準とされています。
天文学的には黄経135度に達した時点ですが、また、この二十四節気の「立秋」の時期をさらに三つに分けたのが七十二候です。

初候は 
「涼風至」(涼風至る)
暑かった夏の日差しから、少しずつ秋に向かう風が吹くようになります。

次候は
「寒蝉鳴」(ひぐらし鳴く)
特に秋の気配は虫の鳴き声で気づかされることも多いですね。

末候は
「蒙霧升降」(深き霧まとふ)
「蒙霧」とは見通しをきかない深い霧のことを指しています。また、「心が晴れない」という意味もあります。そのため、センチメンタルな感情を抱く季節をよく表していいます。


自然界の変化を表したこれらの七十二候の示すように、暦は、日本のさまざまな四季の中の情景を、繊細に表しています。


いつのころからか、季節感に触れることが少なくなった現代。
暦を知り、暦の季節の言葉に耳を傾け、より身近に季節を感じてみましょう。

出典:
国立天文台 暦計算室
「こよみ」岡田芳朗著 神社新報社
「現代こよみ読み解き事典」岡田芳朗+阿久根末忠著 柏書房
Written  :コヨミズム
Photo   :Free-Photos/Pixabay