ひとくちに沖縄そばといっても、島が点在しているのもあって地域によって麺も味も異なる。ソーキそば、八重山そば・・・いろいろある。その場所に行って食べないといけない。

与那国島のそばは、その名も「与那国そば」で、空港のレストランをはじめ、島内の各地で食べることができる。

IMG_4093

今回、レンタルバイクを借りたお店おすすめという「わかなそば」へ向かった。空港からバイクで10分ほど。比川という集落にあった。

昼過ぎに訪れると、すでに客が10名ほどいて、ほとんど観光客。有名店だったようだ。

IMG_4095
IMG_4095

テーブル席と座敷、そして外にも座敷があった。メニューは、とてもシンプル。わかなそば(並)を注文した。価格はリーズナブルだ。

テーブルに置いてあった調味料も、沖縄らしい。

IMG_4098

10分ほど待って運ばれてきた、与那国そば。

「並」を注文して正解、ランチで食べるには適量だった。

IMG_4099

じっくり煮込んだ豚骨スープは自家製、そして、三枚肉がたっぷりのっていた。麺は太麺。この豚肉もお店の家畜とのこと。

味はくせがなく食べやすく、太麺でボリューム感もあり、とても美味しかった。スープは最後まで飲み切ってしまうほど絶品だった。

IMG_4106

冷凍庫の中に、冷凍の豚肉が売られていた。このお店で飼育した豚肉だろうか。遠方でなかったら、買って帰りたかったぐらいだった。さぞおいしいだろう。

わかなそばの営業時間は短い。売り切れ次第で終了なので、早めに行くことを強くおすすめする。


(Written by AS)