画像 (2)


11月27日に乃木坂46の2期生エース・堀未央奈が2021年1月27日に発売されるシングル「僕は僕を好きになる」の活動期間をもって卒業することを発表した。TBSラジオ「バナナムーンGOLD」で公式お兄ちゃんことバナナマンの2人も話していたが、まだまだ乃木坂46を引っ張っていってくれる存在だと思ったので意外だった。ライターは正直、次の卒業生もきっと1期生だろうなと感じていたという点でも衝撃的だった。

●基本プロフィール
1996年10月15日、岐阜県生まれ。「堀ちゃん」「みおな」の愛称で親しまれている。2013年3月に乃木坂46の2期生として、そして研究生として、グループに加入。同年11月発売した7枚目シングル「バレッタ」でセンターに大抜擢され、正規メンバーに昇格。不思議でミステリアスなキャラクターでファンは魅了されていった。2019年には主演を務めた映画「ホットギミック ガールミーツボーイ」で「第22回上海国際映画祭」アジア新人部門・優秀女優賞にノミネートされた。ファッション誌「ar」レギュラーモデルとしても活躍している。また、2017年、2020年にソロ写真集を2冊出版している。


●2期生をエースの苦悩
現在では様々な舞台で活躍している2期生達だが、シングル楽曲の選抜という点では思うような結果は出せていない。なぜここまで選抜に選ばれないのかも疑問に思えてしまうほどだ。そんな中2期生をけん引したのは間違いなく堀である。
加入後すぐにセンター抜擢、フロントと輝かしいスタートを切ったが、活動するにつれて3列目に下がり、選抜落ちも経験した。徐々にポジションが下がっていったことで悩み、辞めることも考えていたという。
そんな様子が短い時間ではあるが、映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」のラストで語られている。そして、乃木坂46として活動していく決意を固めたシーンが流れる。ライター個人としてはこのシーンがこの映画で最も胸が熱くなった。
2期生エースと呼ばれ続けていて華々しい道を歩んできたかにも見えるが、彼女もまた苦労人である。


●斬新な卒業発表
今回のニュースで衝撃的だったのが、卒業発表の仕方だ。
シングル「僕は僕を好きになる」に収録される堀のソロ楽曲「冷たい水の中」のMVが公開され、その映像の中で卒業をすることを発表した。この発表の仕方はコロナウイルスの影響もあると思うがグループ初の試みでビックリした。特に情報より先に動画を視聴した方々は驚いたに違いない。




堀は今後の活動についてブログで下記のように語っている。
卒業後は、1からお芝居をしていきたいと思います。

この夢に出会えたのもいろんなMV撮影でいろんな監督さんに出会って、映画やドラマも経験させていただいて、今の私が1番やりがいを持ってぶつかれる事だなと確信したからです。
言い回しも、表情も、何もかもまだ勉強途中で苦手意識さえもまだあるけれど、追求していきたいし乗り越えたいって思えます。

たくさんの人に何かを届けられる人になりたいです。
それは乃木坂46にいた時と変わらない気持ち。
乃木坂46で学んだこと、素敵な思い出を胸に、来年からは新たな一歩を踏み出したいと思います。
(堀未央奈 OFFICIAL BLOGより ※一部抜粋)

今後は女優として芸能界で活動して行くと決意をつづっている。
現時点では、堀の卒業日はまだ決まっていないが、残り数か月やり残したことがないように新しい道に進んでもらいたいと思う。

2期生エースとしてどんな形で締めくくるのか注目だ。


(Written by ユーサク)