1

今年に入ってから突如、日本国内で急激に流行し始めた音声SNS「Clubhouse」(クラブハウス)が連日話題となっている。筆者も1月末に登録してから毎日けっこうな時間、Clubhouseを利用してみた。いろいろな人をフォローし合い、ただ聴いているだけでなく、自らルームを作ってモデレーターとして話してみたこともある。

そんな中で「これはちょっと気を付けたほうがいいな・・・」ということを何点か、現状でまとめてみた。


2


■“招待枠”がネット上で売られている!
Clubhouseは招待制で、登録したが持つ“招待枠”2人分から招待してもらうのが原則。その招待枠がネット上、メルカリなどで「3000円」などで売られ、すでにトラブルも起こっている。一例を挙げると、代金を先払いした途端、ダイレクトメールをブロックされて持ち逃げされるケース。招待枠は有料で買わないに越したことはない。

■乱立する「相互フォロー」ルームは避ける
Clubhouseに今、「相互フォローし合いましょう」といったルームが無数にある。お互いにフォローし合うことで、フォロワーを増やすのが最たる目的。SNSの世界ではフォロワーが多い=人気者という概念が確かに存在するが、集客できているルームは結局、芸能人や著名人が話し手であることが大半。同じジャンル同士でフォローし合うのは悪くないが、“手あたり次第”フォロー行為に規制がかかったり、本来入りたいルームがフォロー部屋に紛れてわからなくなってしまったりもする。

■登録する名前の変更はたった一度限り
名前の登録は慎重に行いたい。というのも、変更が一度限りだからだ。スペルなどのミスもその変更1回に含まれるので、要注意。

■「クラブハウス沼」気づいたら時間が経ってしまう
いろいろなルームがあり、いろいろ聴いているうちに、時間が相当経ってしまう。さらに、モデレーターやスピーカーになると話に夢中になり、深夜にまで及んで朝、寝不足にもなりかねない。楽しい場所ではあるものの、メリハリを付けて使わないと危険。

■招待制だからと安心せず、他のSNS同様に警戒を
招待制だからと、登録する相手全員を信用してはいけない。先に紹介した通り、お金を出して買った人、フォロー目的=宣伝目的な人たちなど、不特定多数いるのは他のSNSとなんら変わらない。また、ルーム内の会話は録音も保存もできないが、情報が漏れないとも限らない。

■実名とSNS匿名アカ、プロフィール連携に注意
プロフィールに自分の「Twitter」「Instagram」を登録できる。気を付けたいのが、Clubhouseは実名登録が基本、一方、Twitterなどをハンドルネーム(匿名)で登録してしまった場合、“身バレ”する可能性がある。その時は「SETTINGS」(設定)からTwitterとInstagramの連携を解除しよう。

(Written by トラコ)