写真1

JR中央線快速電車・中央総武線各駅停車のオレンジと黄色のラインの電車が停まる駅
JR西荻窪駅。(土日祝日は総武線のみ)
JR荻窪駅、JR吉祥寺駅の間で、新宿からは約12分で行くことができます。

そんな西荻窪駅では、いま海外旅行気分を味わえるグルメスポットが集まっています。
今回紹介するのは、羽田空港から約4時間で行くことができ、グルメツアーとしても重宝され、旅行先として大人気な台湾です。
あのジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台となったともいわれる「九份老街」のレトロな街並みや線路の上でランタンを飛ばしている「十份」の写真をみたことがある人もいるのではないでしょうか?

写真2

そんな台湾の旅行気分を味わえるグルメスポットが、実は今西荻窪で台湾グルメが話題です。

‖翹厄子 西荻窪張記


2020年11月12日にオープン。台湾で人気の張さんの鍋貼り棒餃子が看板メニュー(5本290円)。ニンニクを一切使っていない黄にらの入った餃子なので、女性にも人気です。


台湾回転テーブルに乗った9種前菜盛り合わせ(1627円)や


カラフルなクリームソーダでインスタ映えもバッチリ!!



そして、とてもユーモラスなのが、「rubber chicken」や「びっくりチキン」と呼ばれているニワトリのおもちゃ。
おなかを押すと大きな音が鳴るのでYoutubeなど企画でもよくみかけますよね?

このニワトリのおもちゃが店内にはたくさんぶら下がっていて
なんと、これで店員さんを呼びます。思わず笑っちゃう楽しいシステム。


画力強めのこぼれ麻婆豆腐やルーロー飯と餃子がセットにできるランチセットを頼んだら、
気分はもう、台湾の地元食堂ですね。




所在地: 〒167-0053 東京都杉並区西荻南3丁目10−5
【全日】ランチ
11:30〜15:30(L.O.15:00)
【平日】ディナー
17:00〜24:00(L.O.23:30)
【土・日・祝日】ディナー
15:30〜24:00(L.O.23:30)
電話: 03-5941-6480


街角饅頭店 吉祥天

2018年8月に西荻窪で開業し、2021年8月8日リニューアルオープンした吉祥天。


現在は、テイクアウト専門店で日替わり、週替わりで、さまざまな台湾のローカル料理
を販売しています。

1

メニューは変わることが多いので公式Instagramのチェックをお勧めします。
台湾の本格的なお弁当や


饅頭(マントウ)と呼ばれる蒸しパンは伝統的な食べ物で
肉まんの皮を想像するといいかもしれません。
こちらも、季節やイベントに合わせてさまざまなものを楽しむことができます。



その他にもジャージャー麺や


牛焼きサンド


「千と千尋の神隠し」で話題にもなった肉圓(バーワン)



などなど種類も豊富なので、一期一会ですね。
みなさんもまだ未知の台湾グルメと出会えるかもしれません!

公式サイト:https://kissyouten.com/
所在地: 〒167-0042 東京都杉並区西荻北3丁目11−18
営業時間
11:00〜15:00
[土日祝日]
11:00〜17:00

定休日
水曜日・木曜日(不定休)
電話: 03-6913-5659

sweetolive 金木犀茶店
最後はこちら、台湾料理ではないですが、
中国茶のカフェで「sweetolive 金木犀茶店」です。
こちらは2019年10月オープンで2021年9月にリニューアル。

もともと1階だけで、こぢんまりとカウンターと数席あるような店内でしたが、
2階部分もお店に!


店名の通り金木犀のお花のはいったドリンクがあり、テイクアウトもとても人気です。


コロナ禍でしばらくは店内飲食が完全予約制になってはいますが、
季節ごとのパフェはもちろん、唯一無二のスイーツたちもとても可愛いです。




所在地: 〒167-0053 東京都杉並区西荻南2丁目5−6
営業時間
13:00〜16:30
[土・完全予約制]
14:00〜16:30

定休日:月曜日、火曜日、日曜日
電話: 03-6319-9055



遠出できない今だからこそ、西荻窪でぜひ近場の台湾グルメ味わってみませんか?
※お店の詳細は公式サイトや食べログを参照しています。
(Written by seven__nana)