image001

ネスカフェ原宿で、期間限定イベント「ネスカフェ こたつカフェ」が開催。11月26日から12月12日まで。こたつでぬくぬくしながら、1日10個のみの数量限定「氷グラスのアイスコーヒー」や「ひんやりスイーツ3種」が提供される。

image002

今回のイベントの目玉商品は、なんといっても1日数量限定で、たった10個しか提供されない「氷グラスのコーヒー」である。1個1000円のお祭り価格だが、幻想的な見た目のアイスコーヒーを一度は飲んでみてほしい。

image003

底皿は深めにしてあるので、溶けても溢れることはない。時間が立てば立つほど、透明度が上がるのも、見た目に面白い。まさに映えだ。

image004

こたつカフェなのだから、やはり気になるのはこたつ。2020年は5席だったこたつ席を今回は16席に拡大。まったりとした時間を堪能することができそう。一人暮らしになっておこたが恋しい人にもオススメ。しかし、寝落ちしないように気をつけて。

image005

リモートワークに嬉しい一人用のおこた席も8席設置。電源もちゃんとあるので、こたつでお仕事をする快適ビジネスライフを送ることができる。アイスコーヒーをリッチに氷グラスで楽しめば、思わず仕事も捗るかも。

image006

こたつ席でない席には、快適な座り心地のビーズソファ『Yogibo』の「Yogibo Color Cushion」が設置。そちらの座り心地を試してみるのも良さそうだ。

快適な時間のお供である、ひんやりスイーツ3種もご紹介しよう。

image007

『みかんシャーベット』は520円(税込)だ。手作りしたジューシーみかんのシャーベットにバニラアイスがよく絡んで、まるでソースのように楽しめる。みかんの酸味とバニラの甘みのハーモニーがたまらない逸品。

image008

『みかんアイス大福』は850円(税込)。みかんの薄皮を無くして冷凍することで、歯切れの良さにこだわったアイス大福。みかんがまるまる一個入っているのでお得感がある。みかんのジューシーさと、大福のもっちりのマリアージュを楽しもう。

image009

ねこ型ヌガーグラッセは900円(税込)。ナッツが入っていて、その香ばしさを楽しんでほしい。みかんをギュッと閉じ込めたクリームアイスケーキ。ネコの表情はチョコペンで、お客さん自身が描く仕様。なので、顔はねこじゃないかもしれない。

image010

そもそも、なぜ冬にアイスコーヒーなのか。飲料事業本部レギュラーソリュブルコーヒー&RTDビジネス部ユニットマネージャー・西川原誠氏は、語る。

image011

「ボトルコーヒー市場は、ここ10年で見てもゆるやかな右肩上がり市場である。そして、その売上は通年を通して増加している事実がある。ここから夏によく飲んでいたユーザーが習慣として『そのまま秋冬も継続して飲んでいる』と分析した」

四季を通してボトルコーヒーは愛飲されており、その飲み方は1割がホットコーヒーとして温めているものの、大多数はアイスコーヒーとして飲んでいることがわかったのだそう。

「すぐ飲めるので忙しい時の一杯として愛用しやすい」
「暖かい部屋で飲むアイスコーヒーは美味しい」

ユーザーの声を反映した結果、「ならば『暖かい部屋でひんやりコーヒーを楽しめるイベント』の実施をしよう」と、2020年に引き続き、2021年も開催するに至ったのだという。

image012

この冬は、他では味わえないこだわりの氷グラスのアイスコーヒーで、リラックスタイムを堪能してみるのはいかがだろうか。かつてない体験で、今までになかったクールな閃きを得られるかも。