61AJMSKSCGL

2016年に完結した人気ギャグ漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(秋本治さん作)。実は筆者はかなりのこち亀フリーク。小学生時代に入院し、その病院の売店で売っていた134巻を買ったことがきっかけで全巻を集めるようになった。新巻は出る度に購入し、お正月にお年玉をこち亀のまとめ買いに遣ったこともある。

新型コロナウイルスの影響で2年以上実家に帰省できず、実家に置いてきた200巻のこち亀たちも読めない日々が続いた。しかし今回の帰省で溜まりにたまった欲求を爆発させ、こち亀を改めて読みまくった。

ということでしばらくはこち亀大好き大井川鉄朗改め大井川・パトリシア・鉄子が様々なテーマでオススメの話を3話ずつ紹介していく。第1回目のテーマは「両さん誕生日編」。

こち亀の主人公である両津勘吉、両さんの誕生日は3月3日で、一時期から毎年のように両さんの誕生日がテーマになった話が描かれてきた。そんな両さんの誕生日を扱った話の中からオススメの話を紹介する!

125巻6話「一生忘れられない日!の巻」

両さんが派出所のコピー機で作っていた「実物大M3戦車ペーパークラフト」を、部長がゴミだと思い捨ててしまう。両さんは復讐しようと爆竜大佐に派出所にミサイルを撃ち込んでほしいと依頼する。しかし次の日(3月3日)は両さんの誕生日で……。

147巻8話「記憶にないわしの誕生日の巻」

両さんの誕生日を豪華に祝う約束をしていながら、すっかり忘れてしまっていた中川・麗子・部長の3人。両さんがお祝いされていないことに文句を言うのに備え、ある工作を始める。時を同じくして誕生日をお祝いされていないことを思い出した両さんは、急いで派出所に向かう……。

193巻11話「今日は私のバースデイの巻」

両さんの誕生日を祝うため、中川は海外から両さんの好きなアーティストや映画監督や一流シェフを招き、超豪華なプランを立てた。しかし、両さんは誕生日の前日に知人の結婚式のため大阪に向かう。誕生日当日には東京に戻る予定の両さんだったが、酒に酔って乗る新幹線を間違えてしまい……。

(Written by 大井川・パトリシア・鉄子)