B00A47VPWG.01._SCLZZZZZZZ_SX500_

こち亀大好き大井川鉄朗改め大井川・パトリシア・鉄子が様々なテーマでオススメの話を3話ずつ紹介していく。第4回目のテーマは「派出所破壊編」。

両さんや部長が働いている亀有公園前派出所は、これまで何度となく爆発などで破壊されている。オチで壊れてしまうこともあれば、冒頭で両さんや麗子の大声によって窓ガラスや扉が壊れるという描写は日常茶飯事。今回はそんな派出所が破壊される話の中からオススメの3話を紹介。

3巻1話「消えた派出所⁉の巻」

夜の町へパトロールに向かった両さんは、連続放火魔を見つけて追撃する。
その後、派出所で些細なことから中川と喧嘩になり、ストーブが倒れてしまう……。

23巻4話「さらば!わが友よの巻」

「この派出所ともつきあいが長いからなあ情が移るよ」と語る両さん。そんな派出所に近所の人から花火、鑑識課から爆弾、ダイナマイトに石油にガソリン…なぜか危険物ばかりが派出所に集まる。最後には聖火ランナーが派出所に飛び込んで……。

119巻1話「トラブルミレニアム‼の巻」

1999年の大晦日、2000年へのカウントダウンを楽しみにしていた両さんだが、突然夜勤を言い渡されてしまう。部長は温泉旅行、中川や麗子も外国へ行ってしまい一人ぼっちに。怒った両さんはみんなを驚かせようと派出所の爆破を爆竜大佐に依頼するが……。

(Written by 大井川・パトリシア・鉄子)