1

あと1週間もすればバレンタイン。チョコのプレゼントで想いを伝えるのはもう普通ですよね。しかし新型コロナウイルスの流行でもし自分に何かあったとき、自分の想いを伝える方法はどうしよう…と考えた人もいるはず。

今回は三井住友信託銀行の「終活キット」を紹介。「想いを伝える日」であるバレンタインにちなみ、大切な人に自分の想いを伝える「終活キット」が抽選で214名に無料配布されます。いつもと違う形で自分の想いを伝えてみてはいかがでしょうか?

三井住友信託銀行では、新型コロナウイルス感染拡大の影響により先行きの見えない状況が依然として続く中で、終活に関する相談が増えているのだそう。
そこで三井住友信託銀行は、終活の早めの備えの大切さ、終活のサポートを信託でできることを知って欲しいと、2021年3月に「終活キット」の無料配布を実施しました。

2022年は想いを伝える日であるバレンタインデーに合わせ、「終活キット」第二弾として2月2日より募集を開始しています。2月14日(月)にちなみ、抽選で214名にエンディングノート・ライフメモリアルノート・紛失防止タグガジェットの3点セットが当たります。

プレゼントの応募は2022年2月2日(水)〜2022年2月9日(水)17時まで。
公式ホームページの応募フォームで申し込みが可能です。

■気になる終活キットの内容は?

エンディングノート

2


3

検討する項目を体系化し、必要項目に絞った三井住友信託銀行オリジナルのエンディングノート(「未来の縁-ingノート」)。
デジタル遺品など、現代社会に即してまとめた簡易版エンディングノートです。

ライフメモリアルノート

4


5

エンディングノートと比較して、より想いをダイレクトに伝えるためのノート。人生の振り返りやこれからの目標などを記入するパートもあり、じっくり考え、ご自身が大切にしている想いを伝えたい方におすすめです。

紛失防止タグガジェット

6

大切なモノに付けるだけで、Bluetooth通信を用いてスマートフォンと連携して場所を検知し、紛失を防ぐ製品です。普段は大切な財布や鞄、鍵などに取り付けて大事なものを守ります。また、遺言書やエンディングノートの場所が分からずに困るという場面に備えることで、すぐに場所が分かるため、安心です。

書くだけではなく、書いた後の保管も配慮されているこのキット。
9日で応募期間が終わってしまうので、興味を持った方は今すぐ応募してみてはいかがでしょうか?

■終活キット概要
内容:エンディングノート、ライフメモリアルノート、紛失防止タグガジェット
申込期間:2022年2月2日(水)〜2022年2月9日(水)17時
申込方法:期間中に下記専用申込フォームから申し込み
対象者:抽選で214名