「晴れの国」と呼ばれるほど晴れの日が多く、穏やかな気候の岡山県。
その岡山県の三大河川のひとつ吉井川が流れる瀬戸内市は、水と天候に恵まれ米の栽培も盛んです。そのような環境は日本酒づくりにも活かされています。

吉井川
※画像はふるさと納税ポータルサイトより

天保元年創業!発祥蔵は国登録有形文化財

発祥蔵
※画像は眩勅鯊こ式会社HPより
関町発祥蔵・本宅/国登録有形文化財

眩勅鯊こ式会社は、天保元年(1830年)創業以来、一貫して「旨い酒づくり」をモットーに熟練の杜氏が、その巧みな技を最後の一搾りにまで刻み込み醸造しています。

眩勅鯊と祥蔵の建築は天保年間。主屋は明治25年頃改築されました。酒蔵は、酒造工程に応じた空間の振り分けが規則的にされ、生産工程の多様さが棟を違えた蔵の連続の形になっています。
主屋の平面は田の字型平面を発展させた整型六間取りで、通り土間からみせ居間、座敷、納戸、奥座敷へと連なっています。近くにある江戸中期建築の町屋の形式の下の家に比べ大規模住宅へと移行したものです。

そんな歴史のある眩勅鯊い任垢、実は岡山県の名産品を使った商品も作っています。


清酒リキュール「白桃酒」「マスカット酒」

清酒リキュール
※画像はふるさと納税ポータルサイトより

それは、岡山県を代表する「白桃」と「マスカット」果汁をブレンドした日本酒リキュール。
眩勅鯊い誇る清酒「千寿」をベースにしたリキュールで、「白桃」と「マスカット」果汁をブレンドした日本酒リキュールは、日本酒と果物のフルーティーで爽やかな甘みが特徴です。日本酒を使ったリキュールは、まろやかで深みのある味わいです。
水割りやソーダ割などで楽しめます♪

清酒リキュール「白桃酒」は、白桃独特の甘い香りが漂い、まろやかな味わいを楽しめるお酒となっています。清酒リキュール「マスカット酒」は、マスカットの香りが漂い、爽やかな飲み口が楽しめるお酒です。

本当なら酒蔵を訪れて、リキュールを含めた日本酒も試してみたい所ですが、遠出をするのはまだ少し先になりそうなので、今はふるさと納税の返礼品として入手するという手もあります。清酒リキュール「白桃酒」「マスカット酒」は飲み比べのセットになっていますので、どちらの味も楽しめるのがお得です。
気になった方はぜひともお試しください。


瀬戸内市ふるさと納税特設サイト
https://setouchi-cf.jp/?c=item-2&pk=654

ふるさとチョイス
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/33212/4443627

さとふる
https://www.satofull.jp/products/detail.php?product_id=3060720

楽天ふるさと納税
https://item.rakuten.co.jp/f332127-setouchi/57350367/