1

今年2022年11月3日(木)〜6日(日)の4日間、日本の現代アートの創造性と多様性、またそのコミュニティーを国内外に紹介する国際的なアートイベント「アートウィーク東京」が、都内各所を拠点に開催が決定した!

昨年、4日間で2万人以上が参加した「アートウィーク東京」が、さらに進化

2

昨年度は、「アーティゾン美術館」、「東京国立近代美術館」、「東京都写真美術館」、「森美術館」、「ワタリウム美術館」と、「東京オペラシティ アートギャラリー」の6つの美術館/インスティテューションがシャトルバスの主要中継地となり、都内各エリアで現代アートを体験する入り口としての重要な役割を果たしました。本年度はさらに、「国立新美術館」、「東京都現代美術館」、「東京都庭園美術館」、「銀座メゾンエルメス フォーラム」、「資生堂ギャラリー」の5つが加わり、合計11施設に拡大。これらの文化施設の質と多様性を通じて、東京のアートシーンの豊かさを改めて実感することができます。

3

また、本年度の参加ギャラリーは、1950年創業の老舗「東京画廊+BTAP」、90年代から東京の現代アートシーンの形成に貢献してきた「オオタファインアーツ」、「ギャラリー小柳」、「スカイザバスハウス」、「タカ・イシイギャラリー」、2000年代に台頭してきた「Take Ninagawa」、「MISAKO & ROSEN」、「無人島プロダクション」などのほか、海外に拠点をもつ「Blum & Poe」や「ペロタン東京」らが並びます。
さらに、本年度は、「KANA KAWANISHI GALLERY」、「KOTARO NUKAGA」、「Fig.」、「LEESAYA」などの新進ギャラリーが参加するほか、日本を代表するアーティストの村上隆が率いる「カイカイキキギャラリー」や、写真専門のギャラリーとしての確固たる地位を築いた「PGI」など、いずれも東京のアートシーンを形成する重要なギャラリーが揃いました。

アートウィーク東京を楽しむには

4

「アートウィーク東京」の特徴は、美術館やギャラリーなど都内主要なアートスポットを繋ぐ無料のシャトルバスの運行です。シャトルバスは、東京の風景を楽しみながら、効率よくアートシーンを体験する最適な手段となります。
昨年は4つのルートを設けそれぞれ15分間隔でシャトルバスを運行。本年度は、6ルートに増やし、さらに多くのアートスポットを巡ります。
また新しく、誰でも自由にダウンロードできる無料アプリ「アートウィーク東京」専用アプリが登場。このアプリは、シャトルバスの運行状況の確認のほか、ルートマップや会場案内を調べることが可能。アプリによって「アートウィーク東京」をより楽しむことができ、鑑賞者を新しいアートアクティビティの体験に導いてくれます。
※専用アプリのリリースは9月を予定。
※会期中の展覧会やプログラムの詳細については、6月中旬に発表予定。

「アートウィーク東京」

5

日本の現代アートの創造性と多様性、またそのコミュニティーを国内外に紹介する年に一度のアートイベント。世界最高峰のアートフェア「アートバーゼル 」と提携し、文化庁の助成の下、一般社団法人コンテンポラリーアートプラットフォームが主催する。2021年 11月 4日から 7日にかけて行った初開催は、美術館、ギャラリー、アートスペース など都内 50ヶ所の アート施設が参加し、2万人を超える来場者数を記録した。
また、アートウィーク東京モビールプロジェクトは、文化庁の助成を受け、東京都とアートウィーク東京モビールプロジェクト実行委員会が主催し、主要なアートスポットを繋ぎ、車内での特別なアートプロジェクト も展開するシャトルバスの運行を企画実施。片岡真実(森美術館館長)、小松弥生 東京国立近代美術館館長)、塩見有子(NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ [AIT] 理事長、蜷川敦子(アートウィーク東京ディレクター/一般社団法人コンテンポラリーアートプラットフォーム代表理事)、茂木直恵東京都現代美術館副館長 が実行委員を務める。

今年の秋は、ぜひとも芸術を感じてみてはいかがでしょうか。

〇問い合わせ info@artweektokyo.com
〇公式URL https://www.artweektokyo.com/ プログラムの詳細は6月発表予定