「Vocument」_KV

映画監督・オダギリジョーの次回作に迫る密着スぺシャルムービー「Vocument」


画像

映画監督・オダギリジョーが次回作の構想を模索する様子、脚本の考え方、映画にかける情熱などにフォーカスをあてた密着スペシャルムービーを企画・監修にTUGBOATを迎え、制作。
映像では学校や居酒屋、商店街、アメリカのグランドキャニオンなどを訪れ、自身の映画撮影に向けてヒントを探す内容となっていて、密着冒頭でオダギリジョーは、「(次回作を進める中で)まだ自分で答えが出ない部分もあって…」と話し始めます。

画像

実は本映像、わずか2日間で撮影、全カットをスタジオから一歩も出ずに制作しています。仮に実際に移動して撮影した場合、トータル約5万キロの移動距離となります。本編メインコンテンツの最後に、LEDを使用したバーチャルプロダクション撮影であることが明かされます。最新テクノロジーを駆使し、これからの映像業界を変革する制作手法により実現した映像となっていますので、ぜひ視聴してみてください。

画像

大型LED常設バーチャルスタジオ「studio PX」を活用したバーチャルプロダクション撮影


画像


画像

映像制作における温室効果ガス削減・プロセス効率化を目指し、PX(プロダクション・トランスフォーメーション)サービスを開発・運用していくため、「メタバースプロダクション」は発足されました。その中で「Vocument」は、本プロジェクトで運営する大型LED常設バーチャルスタジオで撮影された映像コンテンツを用いることで、業界関係者だけでなく、幅広い生活者からの注目を集め、新しい制作手法としてのバーチャルプロダクションを日本国内に浸透させるために制作しました。開発・提供するサービスを活用することで環境への負担軽減や制作工数・コストの削減など、大きなメリットが期待できます。テクノロジーによる仮想世界と現実世界の融合で、映像制作の現場に新しい未来を切り拓きます。



抜群の存在感を放つ俳優のオダギリジョーさんが、映画監督としての一面を見られるこちらのスペシャルムービー「Vocument」ぜひともご覧ください!!